「ジョン・カーター」続編実現のためには高いハードル : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年10月11日 > 「ジョン・カーター」続編実現のためには高いハードル
メニュー

「ジョン・カーター」続編実現のためには高いハードル

2011年10月11日 17:33

「ジョン・カーター」のメガホンをとる アンドリュー・スタントン監督「ファインディング・ニモ」

「ジョン・カーター」のメガホンをとる
アンドリュー・スタントン監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 2012年公開予定のSF超大作「ジョン・カーター(原題)」は、3部作の1作目として企画されているものの、その続編製作のためには高い目標興行収入が設定されていることが、ニューヨーカー誌の取材で明らかになった。

同作は、エドガー・ライス・バローズのSF冒険小説「火星のプリンセス」を、「ファインディング・ニモ」や「ウォーリー」を手がけたピクサーのアンドリュー・スタントン監督が実写映画化する超大作。製作費は2億5000万ドル超と言われ、スタントン監督によれば世界興収で7億ドルを突破しない限り、ウォルト・ディズニーは続編製作にゴーサインを出すことはないだろうと言っている。

世界興収7億ドルというと、「ファインディング・ニモ」(8億66790万ドル)はクリアしているものの、「ウォーリー」(5億2130万ドル)は到達していない。製作サイドにとっては、非常に厳しい目標を設定されたといえる。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi