「Buono!」初主演ホラー、見どころは“小指アンテナ”? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年10月8日 > 「Buono!」初主演ホラー、見どころは“小指アンテナ”?
メニュー

「Buono!」初主演ホラー、見どころは“小指アンテナ”?

2011年10月8日 21:01

人気ケータイ小説を映画化した学園ホラー「ゴメンナサイ」

人気ケータイ小説を映画化した学園ホラー
[拡大画像]

[映画.com ニュース] アイドルグループ「Buono!」が10月8日、主演映画「ゴメンナサイ」のプレミアイベントを東京・汐留AXで行った。人気ケータイ小説を映画化した学園ホラー。メンバーの鈴木愛理夏焼雅嗣永桃子が、観客にリアルな恐怖をナビゲートする“Buono!”本人役として登場し、それぞれ1人2役にも挑戦している。

“幽霊”のあだ名をもつ学年一の秀才・黒羽比那子(夏焼)に嫉妬し、執ような嫌がらせを始めた園田詩織(嗣永)は黒羽に文化祭で披露する演劇のシナリオ執筆を押しつけた。徹底的なダメ出しで黒羽をいじめようとした園田だったが、その直後から彼女や同級生・日高由香(鈴木)の周りで不審死が相次ぐ。黒羽が書いたシナリオには、読んだ者を無差別の殺せる呪いがかけられていた。

ヒロインを演じる鈴木は「ただのホラーじゃない、新感覚の作品です。衝撃的な結末が待っているので覚悟してください」とファンに警告。演じた役柄は「自分に近い」といい「でも自分らしく演じるのが一番難しい」と述懐した。一方、黒羽役の夏焼は「いつもと違う私を見てほしい」とアピール。「まばたきはNG。目が乾燥しちゃって大変だった。それに真っ白なメイクで笑い方も気持ち悪いので(笑)、ビックリするかも」と恐怖をあおった。

いじめっ子を演じた“ももち”こと嗣永は「ふだんはかわいくて天使のようなももちが、今回は真逆の役柄。結構怖い感じの作品ですが、私のかわいさで中和されるはず」。ふだんから「ファンの皆さんの愛をキャッチするため、小指をアンテナにしている」といい、「小指が立っていると監督から何度も注意されました」と笑いを誘った。メガホンをとった安里麻里監督(「呪怨 黒い少女」)も「小指アンテナをチェックしながら見てほしい」と“ももち”のペースに乗せられていた。

ゴメンナサイ」は10月29日から全国で公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi