宮崎あおい&堺雅人は小津安二郎監督作の老夫婦!? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年10月8日 > 宮崎あおい&堺雅人は小津安二郎監督作の老夫婦!?
メニュー

宮崎あおい&堺雅人は小津安二郎監督作の老夫婦!?

2011年10月8日 12:59

「ツレがうつになりまして。」公開初日に 舞台挨拶を行った宮崎あおいと堺雅人「ツレがうつになりまして。」

「ツレがうつになりまして。」公開初日に
舞台挨拶を行った宮崎あおいと堺雅人
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 宮崎あおい堺雅人が共演した「ツレがうつになりまして。」が10月8日、全国222スクリーンで公開され、主演の2人と佐々部清監督が東京・銀座の丸の内TOEI1で舞台挨拶に立った。

この日は、劇中で宮崎と堺が演じた夫婦の“同居人”であるグリーンイグアナのイグも登壇した。宮崎は、「格好いいですよねえ。今日は久しぶりに会ったのですが、やっぱり癒されます」とほほ笑み、ナデナデ。堺が「脱皮前だから静かなのかな」と語れば、宮崎も「ケガをしているのに、今日は頑張って来てくれました」と最敬礼で、ともにイグに向かって頭を下げていた。

2人はNHK大河ドラマ「篤姫」に続き夫婦役で共演しているだけに、息もぴったり。現場でも穏やかな雰囲気が流れていたそうで、佐々部監督は「2人の居住まいが良いんです。うちのおじいちゃんとおばあちゃんを見ているようだったし、小津安二郎監督の作品に出てくる老夫婦のようでもあった」と明かし、場内の笑いを誘った。

また、原作者の細川貂々(てんてん)と夫の望月昭氏も応援に駆けつけた。細川は、「とても温かい空気の映画になった」と感激しきり。堺は、「ここまできたら、手を変え品を変え、ずっと夫婦を演じたい」と語り、宮崎も「色んなバージョンでやりたいですね」と同調していた。

同作は、細川の人気コミックエッセイを実写映画化。結婚5年目を迎えた売れない漫画家の妻(宮崎)とうつ病になったサラリーマンの夫(堺)が、病を機に夫婦の関係を見つめ直し、困難を乗り越えていく姿を描く。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi