なでしこ大野&川澄、映画「ツレがうつになりまして。」PR大使に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年10月7日 > なでしこ大野&川澄、映画「ツレがうつになりまして。」PR大使に
メニュー

なでしこ大野&川澄、映画「ツレがうつになりまして。」PR大使に

2011年10月7日 05:00

ロンドン五輪に向け準備に余念のない大野&川澄「ツレがうつになりまして。」

ロンドン五輪に向け準備に余念のない大野&川澄
[拡大画像]

[映画.com ニュース] なでしこジャパンでの活躍が記憶に新しい、日本女子サッカーリーグ・INAC神戸レオネッサ所属の大野忍川澄奈穂美が、宮崎あおい堺雅人が共演する映画「ツレがうつになりまして。」(佐々部清監督)のPR大使に就任することがわかった。

大野と川澄はチームメイトであるとともに、同じ神奈川県出身。なでしこジャパンでも共闘し「ツレあい」のようなふたりに、宮崎と堺が劇中で「ツレ」「ハルさん」と呼び合う今作を応援してもらいたいと、配給の東映がオファーした経緯がある。

なでしこの同僚で、女子ブンデスリーガ1部ポツダム所属の永里優季は、7月にメンタルトレーニングコンサルタントの大儀見浩介氏との入籍を発表したばかり。それだけに、映画を鑑賞した川澄は「お互い“頑張らない”関係でいられるだんなさまと結婚できたらいいなあと思った」という。一方の大野は、「支えてくれる人がいることはとてもうらやましく思いましたが、結婚願望はまだ強くなりません。すみません……」とコメントを寄せた。

宮崎と堺の演技には強く引き込まれたようで、「演技とはいえ私にとっておふたりは“あこがれの夫婦像”でした」(川澄)、「宮崎さんはとてもかわいくて、こんな奥さんになってみたいと思わせる演技でした。堺さんも格好よくて、表情(特に笑顔)にやられちゃいそうでした」(大野)と絶賛している。

NHK大河ドラマ「篤姫」以来となるふたりの共演が実現した今作は、細川貂々の同名コミックエッセイが原作。うつ病になった夫を見た妻が、これまでいかに頼りきりだったかを実感し奮起。会社を強引に退社させ、明るくたくましく振舞う妻の姿勢が夫を緩やかに回復させていく。

ツレがうつになりまして。」は、10月8日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi