人気コメディ「アレステッド・ディベロプメント」がドラマ&映画で復活 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年10月5日 > 人気コメディ「アレステッド・ディベロプメント」がドラマ&映画で復活
メニュー

人気コメディ「アレステッド・ディベロプメント」がドラマ&映画で復活

2011年10月5日 11:28

人気コメディが復活!

人気コメディが復活!
写真:ロイター/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米フォックスで2003~06年、3シーズン放送されたエミー賞受賞コメディ「アレステッド・ディベロプメント(ブル~ス一家は大暴走!)」が、ドラマとして再開するほか、映画化企画も進行中であることが分かった。

同作は、ロン・ハワードが制作総指揮、ジェイソン・ベイトマンポーシャ・デ・ロッシマイケル・セラウィル・アーネットジェフリー・タンバーらが出演した1話30分のシチュエーションコメディ。父親(タンバー)が横領容疑で逮捕されたことから、変わり者ばかりそろったブルース一家を養うハメになった次男(ベイトマン)とその息子(セラ)を描き、視聴者の人気を集めた。

10月2日、ニューヨーカー誌主催のフェスティバルに、番組クリエイターのミッチェル・ハーウィッツとキャスト陣が久しぶりに集結し、カムバックのニュースが発表された。その後、ベイトマンはTwitterで「新エピソード10話と映画を製作する。13年初旬のリリースに向けて、たぶん同時に撮影することになるだろう。すごく楽しみだ!」とコメント。また、ハーウィッツは1話ごとに一家それぞれのメンバーにスポットを当てる案を明かしている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • スリー・ビルボードの評論 スリー・ビルボード 悲劇と喜劇、悲哀と笑い。果てしない不毛さの中に現れる“愛でるべきもの”
  • 羊の木の評論 羊の木 “異物”を排除する風潮に、寓話のかたちで果敢な異議申し立てを試みている
  • サファリの評論 サファリ 野生動物を殺すという娯楽に熱中する人々を捉えた戦慄の狩猟ドキュメンタリー
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi