神山健治監督最新作は3D版「サイボーグ009」! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年10月5日 > 神山健治監督最新作は3D版「サイボーグ009」!
メニュー

神山健治監督最新作は3D版「サイボーグ009」!

2011年10月5日 00:33

神山健治監督が「サイボーグ009」を3Dで!「009 RE:CYBORG」

神山健治監督が「サイボーグ009」を3Dで!
(C)Production I.G (C)石森プロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「攻殻機動隊 S.A.C. Solid State Society 3D」「東のエデン」などで知られる神山健治監督が10月4日、東京・新宿バルト9で最新作発表イベントを行い、2012年秋に「009 RE:CYBORG」をフル3D長編アニメとして劇場公開することを明かした。原作は石ノ森章太郎の代表作「サイボーグ009」。およそ4分間の先行フッテージがお披露目されると、約400人のファンは拍手喝さいだった。

神山監督は「『攻殻機動隊』をはじめとするSFの原点。誰もが知る作品をもう一度、現代的な解釈でいかによみがえらせるか。3D立体視を一からオリジナルで作るのは大きなプレッシャーだが、手描きアニメを踏襲しつつ新しい表現に挑戦できれば」と抱負を語る。脚本も手がけており、昨年9月にシナリオが完成。現時点で詳細は明らかではないが「舞台は201うん年。まさに現代を舞台に、サイボーグ戦士たちがどんな活躍をするかがコンセプト。9.11以降の世界状勢を参考に、『攻殻機動隊』で培ったポリティカルな面も織り込ませている」。さらに「物語、そして表現の点で革新的なものを目指す」と“RE:CYBORG”というタイトルに込めた思いを説明した。

映像面では「セルアニメのルック(見た目)をすべてフル3Dキャラクターで作るのは初めての試み。未知の体験でトライ&エラーを繰り返している。手描きを使わずに、いかに手描きに近づけるかが目標」。製作にはパナソニックが全面協賛。石井朋彦プロデューサーは「日本の3Dが、ハリウッドに勝てる道はこの表現」と自信のアピールだ。最後に神山監督は「こうした大きな発表の場を作っていただき、光栄。来年秋、必ず期待に沿える作品を完成させ、帰ってくるので、再び集まってもらえれば」と挨拶し、決意を新たにしていた。

009 RE:CYBORG」は2012年秋公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi