スピードワゴン井戸田、安達祐実との復縁「まだ遠い」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年10月4日 > スピードワゴン井戸田、安達祐実との復縁「まだ遠い」
メニュー

スピードワゴン井戸田、安達祐実との復縁「まだ遠い」

2011年10月4日 15:49

復縁への道のりは遠い?

復縁への道のりは遠い?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] お笑いコンビ「スピードワゴン」の井戸田潤小沢一敬が10月4日、都内で行われた海外ドラマ「ホワイトカラー“知的”犯罪ファイル」DVD発売記念イベントに出席。2009年1月に離婚した女優・安達祐実との“復縁愛”が取りざたされる井戸田は、「行き来はありますが、同居はしていない。ふたりで子どもを育てているので、お互いに時間が空いているほうが送り迎えなどの面倒を見ている」と説明。復縁の意思は「ある」というが、「まだ(復縁は)遠い。あちらは気にしていないみたい。生活は甘い? 普通です」と切ない男心を明かした。

米ニューヨークを舞台に、詐欺や横領といった知的犯罪(=ホワイトカラー・クライム)を専門に扱う“ホワイトカラー・クライム・ユニット”の活躍を描く。天才的な頭脳をもつ詐欺師ニールと、武骨なFBI捜査官ピーターという両極端なコンビが犯罪捜査に奔走。同時にニールは失踪した恋人の行方を追いかける。井戸田は「モテるだろうに、ひとりの女性を追いかけるニールに共感する」と主人公に、復縁にこだわる自身を重ね合わせた。

優れた審美眼をもつというニールの人物設定にちなみ、イベントではジュエリーの“目利き”対決も。小沢は自ら「これはアルミっぽい」と偽物扱いしたネックレスが、実際には300万円近い逸品だと知らされ目を白黒。井戸田は「お互い本物の価値を見抜ける男になりたいもの」と相方を励ました。「1時間で大丈夫かなと思う難事件も、最後にスッと解決してくれる。乱暴なシーンもないから、女性でも見やすいかも」(井戸田)、「1話完結で見やすいし、その後ろに大きな陰謀もあって次から次へと見たくなる」(小沢)とPRした。

海外ドラマ「ホワイトカラー“知的”犯罪ファイル」は10月5日からレンタル&セル同時開始。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi