新・映画版「トワイライト・ゾーン」監督候補にC・ノーランら : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年10月3日 > 新・映画版「トワイライト・ゾーン」監督候補にC・ノーランら
メニュー

新・映画版「トワイライト・ゾーン」監督候補にC・ノーランら

2011年10月3日 11:33

「トワイライト・ゾーン」監督候補に「インセプション」

「トワイライト・ゾーン」監督候補に
写真:AP/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米ワーナー・ブラザースとレオナルド・ディカプリオの製作会社アッピアン・ウェイが進めている、往年のSFドラマシリーズ「トワイライト・ゾーン」の映画化企画の監督候補が明らかになった。

米Colliderによれば、ワーナーが希望する監督候補として、クリストファー・ノーランアルフォンソ・キュアロンマイケル・ベイの3人が浮上。なかでも、ワーナーが全幅の信頼を寄せ、ディカプリオとは「インセプション」でも組んでいるノーラン監督が筆頭候補になっているという。ただし、3人ともに同作のメガホンをとることに関心を抱いてはいるが、現時点では特に話が具体化しているわけではない。

ロッド・サーリングが脚本を手がけ、1959~64年に米CBSで放映されたオリジナルの「トワイライト・ゾーン」には、「人類に供す(To Serve Man)」や「みにくい顔(Eye of the Beholder)」など数々の名作を含めた約156エピソードもの財産があるが、ワーナーがその権利を所有している。映画版が過去のエピソードを下敷きにするのか、新たにオリジナルのストーリーを作るのかは不明だ。

なお同シリーズは、83年にもジョン・ランディスジョー・ダンテジョージ・ミラースティーブン・スピルバーグという当時上り調子にあった若手を起用したオムニバス映画「トワイライトゾーン 超次元の体験」として映画化されたことがある。一方、今回の新作はオムニバスではなく、単独監督作になるという。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi