吉高由里子の珍発言に、行定監督はお手上げ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年10月3日 > 吉高由里子の珍発言に、行定監督はお手上げ
メニュー

吉高由里子の珍発言に、行定監督はお手上げ

2011年10月3日 20:18

「カメリア」の舞台挨拶に立った吉高由里子「カメリア」

「カメリア」の舞台挨拶に立った吉高由里子
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 韓国・釜山を舞台にしたオムニバス映画「カメリア」の一編「Kamome」に主演する韓国俳優ソル・ギョングと、ヒロイン役で共演した吉高由里子行定勲監督が10月3日、都内で行われたプレミア試写会で舞台挨拶に立った。

釜山国際映画祭と釜山市の協力で韓国、タイ、日本の3人の演出家によって製作された本作。行定監督による「Kamome」では、職人気質の映画カメラマン(ギョング)と、偶然出会った“かもめ”という名の不思議な日本人少女(吉高)が、釜山の街で一夜をともにするさまが描かれる。

吉高は、ギョングとの久々の再会に大喜びで「この後、一緒にご飯を食べに行くんです」とニッコリ。ギョングについて、「一緒にいてお湯につかったような気分になる方。頭で考えるのではなく、本能的に心が引っ張られるような引力があった」と独自の言い回しで最敬礼だ。さらに、「ギョングさんに栓抜きがなくてもスプーンでビンを開ける方法を教わりました。栓抜きがないときは私を呼んでください! スプーンがあれば開けに行きます」と妙なアピールで笑いを誘った。

行定監督とも初めての仕事となったが、「行定監督も持っていますなあ(笑)」と“吉高節”をさく裂させた。これには行定監督も、「そんな女優いるか(笑)? 僕からはもう言うことありません」とお手上げの様子だった。

一方、ギョングは吉高を「初めの印象は子どものようで、中学生くらいかな? と思いました。でもいざモニターに現れたのを見たら成熟した女性で驚きました。現場をかき回すように、みんなの心をつかんでいました。掃除機のようなすさまじい吸引力を持った女優です」と評した。行定監督は、韓国のポン・ジュノ監督を通じて「ダメモトで」紹介してもらったと明かし、「いまでも自分の映画の中にギョングがいるのが信じられない」と感激しきりだった。

カメリア」は、10月22日から公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi