チャーリー・カウフマン監督第2作にケビン・クライン参加 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年10月3日 > チャーリー・カウフマン監督第2作にケビン・クライン参加
メニュー

チャーリー・カウフマン監督第2作にケビン・クライン参加

2011年10月3日 19:28

異才カウフマン監督作に出演「エターナル・サンシャイン」

異才カウフマン監督作に出演
写真:Startraks/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「エターナル・サンシャイン」のオスカー脚本家で、「脳内ニューヨーク」で監督デビューを果たしたチャーリー・カウフマンの監督第2作「Frank or Francis」に、ケビン・クラインが参加することになった。

カウフマンが脚本を手がけた同作は、映画監督のフランク(スティーブ・カレル)と、その作品を攻撃するブロガーのフランシス(ジャック・ブラック)の対決を描くハリウッド風刺コメディ。カレルとブラックに加え、ニコラス・ケイジがハリウッド俳優役で出演することが決定している。

クラインの役どころは、著名な映画監督ジョナサン・ウォーラーの兄リチャード。“リチャードの頭”として、ジョナサンに「無害で万人受けするが、芸術性のかけらもない作品」を作る方法を伝授するという設定だ。

ワンダとダイヤと優しい奴ら」(88)でアカデミー助演男優賞を受賞するなど、コメディにも定評のあるクラインと、ブラックやカレルとの掛け合いに期待がかかる。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi