石原さとみ、2億円の手術室セットに感激「携われて幸せ」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年10月3日 > 石原さとみ、2億円の手術室セットに感激「携われて幸せ」
メニュー

石原さとみ、2億円の手術室セットに感激「携われて幸せ」

2011年10月3日 16:56

研修医を演じる石原さとみ

研修医を演じる石原さとみ
(C)文化通信
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優・石原さとみ主演で11月放送予定のNHK土曜ドラマ「使命と魂のリミット」の会見が10月3日、都内の同局で行われ、本格的な手術室セットが披露された。撮影のため用意された医療機器はどれも本物で、約8000万円の人工心肺装置をはじめ総額2億円に及ぶという。石原も「このとおり素晴らしいセットです。こんなに豪華な作品に携われて幸せ」と感激を口にした。

NHKスタジオ内に大学病院の外科手術室が完璧に再現され、報道陣も色めきたった。関係者が「全部本物ですから、絶対に触って壊さないでくださいね」とあわてて注意するほど。“執刀医”の舘ひろしは「モニターで見るとまるで宗教画のよう。俳優冥利に尽きますね。とにかくお金がかかっていますよ」とニヤリ。

ドラマは、東野圭吾原作のスリルと感動の医療サスペンス大作。大学病院の心臓血管外科を舞台に、石原演じる女性研修医がかつて手術中に命を落とした父の死の謎に迫っていく。舘は父の手術を執刀した教授役。ほか、病院に潜入する謎のエンジニア役に速水もこみち、その恋人役に倉科カナ、主人公の母役に高島礼子。様々な背景を持つキャラクターたちが複雑に絡まり合う物語をドキュメンタリータッチで紡ぐ。

石原は「医者は“糸結び”の練習をしているときいて、役作りのため家でも現場でも練習をしていたら、それを監督が見てくれていて(ドラマの)冒頭のシーンにも使ってくれた。日々の努力が報われました」とニッコリ。一方、舘は「練習なんてまともにやっていません」とぶっちゃけ笑わせていた。NHK総合テレビで、11月5日と12日の全2回ともに午後9時放送。(映画.com×文化通信.com)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi