C・ファレル&K・ナイトレイ共演の英ノワール公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年10月2日 > C・ファレル&K・ナイトレイ共演の英ノワール公開
メニュー

C・ファレル&K・ナイトレイ共演の英ノワール公開

2011年10月2日 16:57

豪華キャストによるブリティッシュ・ノワールが公開!「ロンドン・ブルバード LAST BODYGUARD」

豪華キャストによるブリティッシュ・ノワールが公開!
(C)2010 GK FILMS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] コリン・ファレルキーラ・ナイトレイが共演、「ディパーテッド」の脚本でアカデミー賞最優秀脚色賞を受賞したウィリアム・モナハンが監督としてロンドンを舞台に描く、ブリティッシュ・ノワール「ロンドン・ブルバード LAST BODYGUARD」の公開が12月17日に決定した。

3年間の刑期を終えて出所し、裏社会から足を洗おうと考えていたミッチェル(ファレル)は、ひょんなことからパパラッチに狙われる女優シャーロット(ナイトレイ)のボディガードとなる。ギャングのボス、ギャント(レイ・ウィンストン)は、かつての仲間からの荒い仕事も断りきれずこなすミッチェルに目を留め、仲間に引き入れようと画策する。そして、ミッチェルとシャーロットの生活にも危害が及ぶようになる……。モナハンは、ハリウッド映画の名作「サンセット大通り」の原作を脚色し、本作で監督デビューを果たした。

ファレルはミッチェルの役柄を「脚本は実によく肉付けされていた。登場人物は皆、人生の転機に差し掛かっている。ミッチェルは多くの間違いを犯した後で、自分が何を望んでいたかを思い知る。頭は切れるが暴力的なところがあって、早くから悪い仲間と付き合い、犯罪人生が始まったんだ」と分析。

ナイトレイは「優れた脚本家で物語を熟知しているビル(モナハン)のような監督との仕事は刺激的だわ。コリンは非情さと傷つきやすさを同時に表現できる素晴らしい俳優。スティーブ・マックイーンのようなタイプね」と、モナハン監督とファレルとのタッグについて語っている。

英国の裏社会を描いたスリリングなストーリー展開はもちろんのこと、1960年代のイギリス映画風のオープニング&エンディング・クレジット、主人公のTPOに合わせたファッション、ヤードバーズの「ハートせつなく(Heart Full Of Soul)」や、ザ・ローリング・ストーンズの「ストレイ・キャット・ブルース」など、60年代の名曲を織り交ぜた音楽にも注目だ。

ロンドン・ブルバード LAST BODYGUARD」は12月17日から、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi