野性爆弾くーちゃん、共演者「怖い」連呼で「ミニにタコ」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年10月2日 > 野性爆弾くーちゃん、共演者「怖い」連呼で「ミニにタコ」
メニュー

野性爆弾くーちゃん、共演者「怖い」連呼で「ミニにタコ」

2011年10月2日 15:51

「野性爆弾」の川島邦裕が初主演「ミステイクン」

「野性爆弾」の川島邦裕が初主演
[拡大画像]

[映画.com ニュース] お笑いコンビ「野性爆弾」の川島邦裕が主演する密室スリラー「ミステイクン」が10月1日に封切られ、東京・渋谷のシネクイントで初日舞台挨拶が行われた。くーちゃんこと川島をはじめ、相方のロッシー、共演する「ガレッジセール」の川田広樹、「はんにゃ」の金田哲が登壇。共演者が「怖い作品」と口をそろえると、川島は「もうミニにタコ」。かつて田代まさしが盗撮事件の釈明会見で放ったギャグで、会場をざわつかせた。

「なんか気持ち悪いねん、この部屋……」という違和感から、自分の部屋を撮影し始めた川島の恐怖体験と、それを上回る衝撃的なエンディングを描く。テレビ東京でバラエティ番組を担当し、金田主演のコメディ「お墓に泊まろう!」でもメガホンをとった伊藤隆行が監督を務める。「映画が始まって初っ端からダダスベリ」(川島)、「現場に台本がなかった」(ロッシー)と非難ごうごうだが、伊藤監督は「2日間寝ないで48時間で撮ったから」「メモ的なものはあったはず」と釈明していた。

それでも川島は映画初主演に気合い十分で「役作りのために、耳をそぎ落とし、撮影が終わった後で結合させました。天気も良かったんで、光合成がたらふくできた」。さらに「今後も他に例のない新しい映画に挑戦したい。例えば人間とハエが融合しちゃうような」と抱負を語り、周りからは「もう、そういう映画(『ザ・フライ』)ある」と一斉にツッコミ。伊藤監督は「ふだんは、テレビでもあまり放送しちゃいけない人。そんな人を映画館のスクリーンで映してみたかった。出来ごころです」と川島の起用理由を説明した。

野爆DVD in DVD[DVD] 野爆DVD in DVD[DVD] 最安価格: ¥3,175
お墓に泊まろう![DVD] お墓に泊まろう![DVD] 最安価格: ¥3,201

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi