サンド伊達、相方の舞台挨拶にコスプレで乱入しやりたい放題 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年10月1日 > サンド伊達、相方の舞台挨拶にコスプレで乱入しやりたい放題
メニュー

サンド伊達、相方の舞台挨拶にコスプレで乱入しやりたい放題

2011年10月1日 17:35

舞台挨拶に乱入した伊達みきお「とある飛空士への追憶」

舞台挨拶に乱入した伊達みきお
[拡大画像]

[映画.com ニュース] マッドハウスの最新アニメ映画「とある飛空士への追憶」が10月1日、公開初日を迎え、声優を務めた神木隆之介竹富聖花富澤たけし(サンドウィッチマン)、主題歌を担当した新妻聖子宍戸淳監督が都内で舞台挨拶に登壇。富澤の相方で、映画に出演していない伊達みきおが“皇子様”コスプレで乱入し、次回作への出演を直訴した。

絶えぬ争いを続ける2つの国を舞台に、次期皇妃と飛空士の身分違いの恋を切なく描き出す本作。初めて本格的なラブストーリーに挑戦した神木は、「(演じたシャルルは)なかなか経験できない恋を経験しているので、声だけでせつない思いをどう表現したらいいか考えました」と述懐。声優初挑戦の竹富は「息だけの芝居などもあり、今回やらせていただいたことをこれからの演技に反映させていけたら」と成長への手応えをつかんだ様子だ。

富澤も初めて声優に臨んだが、「嫁さんと一緒に見たら『格好よかった』と言ってもらえた」と満足げ。「ただ、千々石(ちぢわ)という役なのに何度言っても嫁さんが“ちぢれ”と呼ぶのが残念」とこぼし、場内の笑いを誘った。

伊達は金髪のカツラをつけ、劇中に登場するカルロ皇子をイメージした衣装で乱入したが「どう見てもタケちゃんマンでしょ」と自虐コメント。「抱きしめてあげよう」と竹富に近づくも、「いいです」とあっさり拒否されるなど散々だった。宍戸監督は、起用を猛アピールする伊達を「サーカスの団長か猛獣使い。あとはチンピラ役ですね」と次作での起用を約束していた。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi