竹内結子主演「はやぶさ」来春全米公開が決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年10月1日 > 竹内結子主演「はやぶさ」来春全米公開が決定
メニュー

竹内結子主演「はやぶさ」来春全米公開が決定

2011年10月1日 16:25

「はやぶさ」公開初日を迎え笑顔の竹内結子「はやぶさ HAYABUSA」

「はやぶさ」公開初日を迎え笑顔の竹内結子
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 小惑星探査機「はやぶさ」を題材に、20世紀フォックスが実話を映画化した「はやぶさ HAYABUSA」が、来春に全米公開されることになった。同社が10月1日、都内で行われた今作の初日舞台挨拶で発表。主演を務める竹内結子は「まだ実感がわきませんが、光栄なこと。この作品が夢や希望といった、人の心を動かす原動力になってもらえれば」と感激していた。

全国303スクリーンでの公開。竹内演じる宇宙科学研究所(現JAXA)の若き女性研究者・水沢恵の視点から、7年間にわたる挑戦と苦闘を繰り返し、小惑星イトカワから微粒子を採取した「はやぶさ」プロジェクトを見つめ、自らも成長する姿を描く。20世紀フォックスによれば、2012年3月に米ロサンゼルスをはじめ主要10都市以上での公開が決定したという。

ヒロインの上司を演じる西田敏行は「はやぶさの世界初の偉業は、私たちにも元気と夢を与えてくれた。今回の撮影を通して、日本人としての誇りや矜持を取り戻すことができた」と感慨しきり。メガホンをとった堤幸彦監督も「全米公開は素直にうれしいし、日本人の誇りを世界の人に見てほしい。もちろん、長い歳月をかけた『はやぶさ』チームの努力こそが源流にある」と関係者に敬意を表した。

竹内は前日、出演ドラマのクランクアップを迎えたといい「その瞬間、自分が抜けがらになった感覚だった。でも『はやぶさ』の存在を思い出し、何ともいえないエネルギーをもらった。私にとっては主演できたことが大きな財産」と感無量だった。舞台挨拶には共演の高嶋政宏佐野史郎鶴見辰吾が登壇。歌手のfumikaが主題歌「たいせつな光」を熱唱した。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi