“は虫類大好き”SKE48松井玲奈、カメレオンと初対面 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年9月28日 > “は虫類大好き”SKE48松井玲奈、カメレオンと初対面
メニュー

“は虫類大好き”SKE48松井玲奈、カメレオンと初対面

2011年9月28日 13:11

SKE48松井玲奈、カメレオンと2ショット!「ランゴ」

SKE48松井玲奈、カメレオンと2ショット!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気アイドルグループ「SKE48」の松井玲奈が9月28日、都内の試写室で(ジョニー・デップ)がカメレオンにふんするフルCG長編アニメ「ランゴ」を、生きたカメレオンと一緒に鑑賞した。は虫類が大好きだという松井は、タンザニア産のデレマカメレオン(メス2歳)と初対面し、「今朝出あったばかりのときは動いていたが、一緒に映画を見ているうちになついてくれて、仲良くなれた」とご機嫌だった。

温室育ちのカメレオン“ランゴ”がひょんなことから砂漠に放り出され、荒野の町で保安官として生きるはめに。貴重な水が奪われるという町の大ピンチに立ち向かう。ランゴを演じるデップの演技をモーションキャプチャーでとらえて再現し、声もデップが担当。「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズのゴア・バービンスキー監督がメガホンをとる。

松井は「目線や歩き方。それに物を持つときに指をチラチラさせたり、どのしぐさもジョニー・デップさんらしい。(アニメだが)デップさんの演技が楽しめる作品」と太鼓判。“本当の自分”を探すランゴの姿に「私も本当の自分を探し中。これからもAKBさんやいろんな方々と共演するイベントで、自分らしさを出していきたい」と共感していた。日本武道館で行われた「選抜じゃんけん大会」では、アントニオ猪木に“闘魂注入”される場面も。「次の日は顔がはれて痛かったけど、あれ以来、顔が小さくなった気がします」と笑いを誘った。

生きたカメレオンをなでながら「このウロコっぽい、イボイボな感じがすごく好き。触ってみると意外とやわらかい」。実際に飼ってみたいとはしゃいで見せたが「(エサになる)虫が苦手なので、それだけがネック」と苦笑いだった。

ランゴ」は10月22日から全国で公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi