“また日本でね”ジャッキー100作目「1911」会見&香港プレミア開催 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年9月27日 > “また日本でね”ジャッキー100作目「1911」会見&香港プレミア開催
メニュー

“また日本でね”ジャッキー100作目「1911」会見&香港プレミア開催

2011年9月27日 16:00

(左から)ウィンストン・チャオ、リー・ビンビン、ジャッキー・チェン「1911」

(左から)ウィンストン・チャオ、リー・ビンビン、ジャッキー・チェン
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 1911年の辛亥革命から100周年の記念作にして、ジャッキー・チェンの100本目の出演作に当たる「1911」がついに完成。構想10年、製作費30億円をかけた超大作の総監督と主演を務めたジャッキーと、共演のリー・ビンビンウィンストン・チャオが9月24日、香港・ハーバーグランド香港で会見した。

同作は、「ラストエンペラー」でも描かれた清朝末期の中国を舞台に、“中国革命の父”孫文(そんぶん)と右腕として働いた革命軍司令官・黄興(こうこう)を中心に、革命に身を捧げた若者たちの姿が描かれる歴史スペクタクル。

黄興を演じたジャッキーは「難しいセリフを北京語で演技するのが大変だった。爆破シーンなど、集中した演技が必要なところでも、ずっとセリフのことも気にしなくてはいけなかったしね」と述懐。そして、「『総監督として何をしたか?』とよく聞かれるけれど、チャン・リー監督がすごく歴史に詳しくて、逆にいろいろ教えてもらっていたかな(笑)」とおどけた。

同作には息子のジェイシー・チャンも出演。「ジェイシーの撮影現場にも行ったんだけど、3回叫んだだけで声がかれたって言う。『なんて言っていたんだ?』と聞いたら『撃て!』だって(笑)」とエピソードを明かしたものの、「共演シーンはなかった」という。

翌25日には、チャリティ・プレミア上映が開催。主演3人がレッドカーペットに登場してイベントは大きな賑わいをみせ、ジャッキーは「若い世代も革命の歴史を知ってほしい。親の世代には、ぜひ子どもたちを連れて映画を観に来てほしい」と熱い思いを語った。

1911」は、11月5日からの全国公開に先がけて、第24回東京国際映画祭(10月22~30日)の特別オープニング作品としての上映が決定済み。「皆さん、映画を応援してください。また日本でね」と日本語でメッセージを寄せたジャッキーは、リー・ビンビンとともに来日の予定だ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi