イーストウッド×レオ「J・エドガー」劇中写真が初公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年9月26日 > イーストウッド×レオ「J・エドガー」劇中写真が初公開
メニュー

イーストウッド×レオ「J・エドガー」劇中写真が初公開

2011年9月26日 09:00

最強のタッグ結成でオスカー候補に名乗り「ミルク」

最強のタッグ結成でオスカー候補に名乗り
(C)2011 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] クリント・イーストウッド監督がメガホンをとり、レオナルド・ディカプリオが主演する「J・エドガー(原題)」の劇中写真が初公開された。今作は、米連邦捜査局(FBI)初代長官ジョン・エドガー・フーバーの半生を描く話題作。日本での公開が、2012年1月28日に決まったことも発表された。

ディカプリオが演じるフーバーは、1924年にFBI初代長官に任命され、72年に死去するまで半世紀近くにわたり職務をまっとうした。就任当時のカルビン・クーリッジからリチャード・ニクソンまで、8代の大統領に仕え、FBIを現在のような影響力をもつ巨大な組織へと発展させるために尽力。アメリカの法の番人として君臨しただけに、歴代の大統領でさえ畏怖の念を抱き、非難と崇拝の対象となった人物だ。

劇中写真は、フーバー(ディカプリオ)が多くの人の注目を一身に浴びながら、公聴会のような場で険しい表情を浮かべ答えている姿をとらえたもの。本編では、“世界で最も恐れられ、アメリカを支配した男”でありながら、そのイメージもキャリアも人生さえも失いかねない禁断の秘密に焦点を当てる。

脚本は、「ミルク」でアカデミー賞を戴冠したダスティン・ランス・ブラックが執筆。製作はイーストウッド監督とともに「フロスト×ニクソン」のブライアン・グレイザー、「硫黄島からの手紙」のロバート・ローレンツが担当し、製作総指揮はティム・ムーアエリカ・ハギンズが務める。

ディカプリオのほか、フーバーの秘書を長年務めたヘレン・ガンディーをナオミ・ワッツ、フーバーの過保護な母アン・マリー・フーバーをジュディ・デンチ、フーバーのちょう愛を受けたクライド・トルソンをアーミー・ハマー、伝説の飛行士チャールズ・リンドバーグをジョシュ・ルーカスが演じる。

「J・エドガー(原題)」は、2012年1月28日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi