小西遼生、鋼牙の衣装でファンに「ただいま」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年9月25日 > 小西遼生、鋼牙の衣装でファンに「ただいま」
メニュー

小西遼生、鋼牙の衣装でファンに「ただいま」

2011年9月25日 12:04

ファンからは「おかえり」「待ってました」コールが「牙狼 GARO MAKAISENKI」

ファンからは「おかえり」「待ってました」コールが
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気特撮ドラマの最新シリーズとなる「牙狼<GARO> MAKAISENKI」が10月のテレビ放送開始に先駆け、期間限定で全国5都市の劇場で公開。初日となる9月24日、雨宮慶太監督と主演の小西遼生、ヒロイン役の肘井美佳が都内劇場で舞台挨拶に登壇した。

魔戒騎士・ガロとして闇の勢力との戦いに身を投じてきた冴島鋼牙。名実ともに最強の騎士となったが、赤い仮面をつけた謎の男から胸に奇妙な刻印を刻まれる。痛みに耐えつつも次々と現れる敵と戦い続ける鋼牙だったが……。

間もなくテレビで放送されるにもかかわらず、客席は熱狂的な「GARO」ファンで満員に。白いマントで剣を腰に下げた鋼牙の衣裳の小西が「ただいま」と客席に微笑みかけると、「お帰りなさい」という声援があちこちから飛んだ。小西は、「演じれば演じるほど一体感が高まって、リアルにこの(物語の)世界に住んでいるように感じて心地いいです」と鋼牙を演じる喜びを語った。

ヒロイン・カオル役で久々に小西との共演となった肘井は「待っていたよ!」という声援に満面の笑みを浮かべ「カオルとしてここに戻って来られてうれしいです。『GARO』のことが忘れられずに、ずっと考えていた時期もありました」と強い思い入れを明かした。雨宮監督も、「鋼牙とカオルのツーショットを撮りたくてたまらなかった」と待望の新シリーズに感慨深げだった。

これまで以上に激しいワイヤーアクションも展開するが雨宮監督は「1話と2話に関しては、この大先生(=小西)が、ほとんど吹き替えなしでこなしています」と小西の華麗なアクションに太鼓判。小西は照れくさそうに笑みを浮かべて「1話から3話まではまだ始まり。これからが『GARO』の真骨頂です!」とアピールした。

牙狼<GARO> ~MAKAISENKI~」は3話ずつを4回に分けてシネ・リーブル池袋ほか全国で公開中。テレビシリーズは10月からテレビ東京で放送開始。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi