森山未來「モテキ」興収20億突破確実の好スタート : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年9月23日 > 森山未來「モテキ」興収20億突破確実の好スタート
メニュー

森山未來「モテキ」興収20億突破確実の好スタート

2011年9月23日 19:02

興収20億突破確実のスタートを切った「モテキ」初日舞台挨拶の様子「モテキ」

興収20億突破確実のスタートを切った「モテキ」初日舞台挨拶の様子
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 200万部突破の人気コミックを原作にした深夜ドラマを映画化した「モテキ」が9月23日、全国276スクリーンで初日を迎えた。東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズでは、ドラマに続き主演の森山未來と、映画でヒロインを務めた長澤まさみ麻生久美子仲里依紗真木よう子、そして大根仁監督による舞台挨拶が行われた。

約2年にわたり主人公の藤本幸世を演じてきた森山は、「映画になった実感はあまりないんですが、これですっぱり(役と)手を切られれば」といきなりの卒業宣言。映画で“モテキ”の絶頂を迎えたと判断したからなのか、「(藤本は)もう目の前に現れないでいただきたい。寂しさ?……ないですね」とまで言い切った。

女優陣は誰が最もモテキにあるかを指しあうと、長澤に3票が集中。「まさみちゃんを初めてがっつり見たとき、私が男だったら落ちるなと思った」(真木)、「ふだんから笑顔に特別感がある」(麻生)とまさにモテモテで、ご機嫌の長澤は照れながらも劇中で男が胸キュンとなる場面のセリフ「それじゃあ私、ドロンします」と、手裏剣を投げる“演技”を生披露し、満場の声援を浴びていた。

大根監督が「新しい日本のエンタテインメントを作ったつもり。いっぱいお金が欲しいので、ぜひ大ヒットさせたい」と現実的な目標を掲げると場内は爆笑。最後に森山が「漫画、ドラマ、そして映画と、すべて皆の愛情でここまできたので感慨深い。面白いと思ったら、周りの人に伝えてくれればうれしい」と感謝を込めて締めくくった。

配給の東宝によれば、初日は2008年「パコと魔法の絵本」(興収23億6000万円)の109%で稼働しており、興収20億円突破は確実という。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi