神木隆之介、声優で“格差恋愛”を体験 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年9月22日 > 神木隆之介、声優で“格差恋愛”を体験
メニュー

神木隆之介、声優で“格差恋愛”を体験

2011年9月22日 19:46

神木隆之介、格差恋愛を体験?「サマーウォーズ」

神木隆之介、格差恋愛を体験?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の神木隆之介が9月22日、都内で行われたアニメ映画「とある飛空士への追憶」の完成披露試写会に出席し、声優として共演した竹富聖花宍戸淳監督らと舞台挨拶に立った。

時をかける少女」「サマーウォーズ」といった名作を世に送り出してきたアニメーションスタジオ「マッドハウス」の最新作。2つの国が絶えず戦いを繰り広げる世界を舞台に、空挺騎士団の飛空士と王妃の身分違いの恋物語が展開される。

神木は、スタジオジブリ作品や「サマーウォーズ」など豊富な声優経験を誇るが、今回演じたシャルルの年齢設定は21歳。初めて実年齢(18歳)よりも上の役どころの声を担当した。「地声が高いので、なるべく低い声を意識しました。芯の通った強い心を持っている青年なので、その強さを心がけました」と振り返った。

一方の竹富は声優初挑戦となったが、「まさか自分が声優をやることになるなんて思ってもいなくて、うれしい反面、不安もありました」。2人でアフレコに臨んだシーンもわずかながらあったそうだが、神木は竹富の声を「意志の強さを感じた」と絶賛。“先輩”からのほめ言葉に、竹富は「そんな風に言っていただけてありがたいです」とはにかんだ。

映画で描かれる“格差恋愛”に話が及ぶと、2人とも「経験がないので……」と困惑気味。それでも、「作品を見てせつない気持ちになりました。この作品を通じていいことを覚えたなと思います」(神木)、「素敵でした。深いなと思いました」(竹富)と語った。宍戸監督は、「初めてづくしで全てが手探りだった」と苦労を明かしたが、原作者の犬村小六は「星空のシーンが静かできれいですごかった。ラストシーンはこちらのイメージを越えていました」と太鼓判を押した。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi