米アカデミー賞、激化する“接待”攻勢を全面禁止 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年9月22日 > 米アカデミー賞、激化する“接待”攻勢を全面禁止
メニュー

米アカデミー賞、激化する“接待”攻勢を全面禁止

2011年9月22日 16:43

PR合戦に警鐘「ソーシャル・ネットワーク」

PR合戦に警鐘
写真:Globe Photos/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] アカデミー賞を主催する映画芸術科学アカデミーが、アカデミー賞のための宣伝運動に関する新たな規定を設けたと、ハリウッド・レポーター紙が報じた。

米映画界で最高の栄誉とされているアカデミー賞だが、その背後で激しいキャンペーンが展開されていることは意外と知られていない。同賞は映画芸術科学アカデミーに所属する約6000人の投票によって決まるため、各スタジオはそれぞれ専門の宣伝担当者を介して会員に自作を売り込んでいる。

近年目立っているのが、映画のキャストが参加するパーティーに招待する手法。会員向けの試写会の前後に、出演者や監督との懇談会という名のパーティーを開催したり、クリスマスやDVDリリースを記念したパーティーでアピールする。

ソニー・ピクチャーズは今年1月、「ソーシャル・ネットワーク」のDVD発売記念パーティーをビバリーヒルズの高級レストランで実施。主演のジェシー・アイゼンバーグデビッド・フィンチャー監督、脚本家のアーロン・ソーキンらが出席している。ライバルのワインスタイン・カンパニーも、「英国王のスピーチ」をアピールするため、コリン・ファースヘレナ・ボナム・カータートム・フーパー監督らを動員するパーティーを2月に行った。

こうした宣伝キャンペーンの激化を懸念した映画芸術科学アカデミーは9月21日、新規定を発表。アカデミー賞のノミネートが発表される来年1月24日以降は、アカデミー会員向けのパーティーを禁止とした。さらに、Twitterなどのソーシャルメディアを駆使したネガティブキャンペーンに対する罰則規定を強化。84回目を迎える来年のアカデミー賞からは、クリーンな宣伝キャンペーンが期待できるかもしれない。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi