米ネットフリックス、新料金体系で謝罪 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年9月21日 > 米ネットフリックス、新料金体系で謝罪
メニュー

米ネットフリックス、新料金体系で謝罪

2011年9月21日 11:20

[映画.com ニュース] 米オンラインDVDレンタル最大手ネットフリックスのリード・ヘイスティングCEOが、ユーザーに謝罪メールを一斉送信した。

ネットフリックスは、動画ストリーミング配信サービスで全米No.1のシェアを誇るものの、今年7月に導入した新価格体系がユーザーの反感を買い株価が下落していた。もともとDVD郵送サービスと動画ストリーミング配信がセットで月額9ドル99セントだったのに対し、新体系ではDVD郵送サービスと動画ストリーミング配信が別プランとなり、それぞれ月額7ドル99セントとなった。

同社の動画ストリーミング配信はコンテンツ数で競合サービスに勝っているものの、まだ十分なラインアップとはいえない。そのため、DVD配送とストリーミング配信の併用が必要になり、月額約16ドルの支出が迫られる。ユーザーにとっては実質60%の値上げとなるため、FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアを通じ、バッシングが繰り広げられていた。

ヘイスティングCEOは9月19日(現地時間)、利用者全員に「An Explanation and Some Reflection(ご説明といくつかの反省)」と題したメールを送信。「私はヘマをしてしまいました。ぜひ事情をご説明させてください」という文面からはじまるメールで、新料金体系へ至った経緯を説明した。

ストリーミング配信とDVD郵送サービスはまったく異なるビジネスであることを悟ったため、それぞれ独立した料金体系にしたと説明。今後、DVD郵送サービスはQwickster(クイックスター)と改名し、ネットフリックスという名称はストリーミング配信サービスのみに用いることにするという。十分な説明なしに料金改正に踏み切ったことを謝罪するとともに、信頼を取り戻すために全力を尽くすことを約束している。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi