米タイム誌が選ぶ「伝染病を題材にした映画」ベスト10 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年9月16日 > 米タイム誌が選ぶ「伝染病を題材にした映画」ベスト10
メニュー

米タイム誌が選ぶ「伝染病を題材にした映画」ベスト10

2011年9月16日 11:15

「アウトブレイク」の一場面「アウトブレイク」

「アウトブレイク」の一場面
写真:Album/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 先週末、スティーブン・ソダーバーグ監督が伝染病を題材に描いた、マット・デイモンジュード・ロウグウィネス・パルトロウケイト・ウィンスレットらオールスターキャストのSFスリラー「コンテイジョン(Contagion)」が全米公開された。それにちなんで、米タイム誌が、感染症や伝染病などの何らかの異常発生をテーマにした映画のベスト10を発表した。

今回の10本は、架空のウィルスや感染症を扱ったSFやホラー映画と、黒死病(ペスト)など実在の伝染病を題材にした映画の2ジャンルに大きく分けられるようだ。なかには「アウトブレイク」のように、映画の公開のタイミングと、題材となったエボラ出血熱の流行が重なり、社会的に大きな話題を呼んだ作品もある。

ベスト10は以下の通り(順不同)。

▽「トゥモロー・ワールド」(06/アルフォンソ・キュアロン監督)
▽「12モンキーズ」(95/テリー・ギリアム監督)
▽「28日後...」(02/ダニー・ボイル監督)
▽「ボディ・スナッチャー/恐怖の街」(56/ドン・シーゲル監督)
▽「第七の封印」(57/イングマール・ベルイマン監督)
▽「赤死病の仮面」(64/ロジャー・コーマン監督)
▽「ザ・クレイジーズ」(/73/ジョージ・A・ロメロ監督)
▽「アンドロメダ…」(71/ロバート・ワイズ監督)
▽「アウトブレイク」(95/ウォルフガング・ペーターゼン監督)
▽「暗黒の恐怖」(50/エリア・カザン監督)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi