ホイットニー・ヒューストンが、ミュージカル映画でスクリーン復帰 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年9月15日 > ホイットニー・ヒューストンが、ミュージカル映画でスクリーン復帰
メニュー

ホイットニー・ヒューストンが、ミュージカル映画でスクリーン復帰

2011年9月15日 11:16

スクリーンにカムバック「ドリームガールズ」

スクリーンにカムバック
写真:Tina Paul/Camera Press/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 歌手・女優のホイットニー・ヒューストンが、1996年の「天使の贈りもの」以来、久々にスクリーン復帰するようだ。米ハリウッド・レポーター誌によれば、ヒューストンは76年のミュージカル映画「スパークル(原題)」のリメイクに主演交渉中だという。

オリジナル版は、60年代に人気を博した女性コーラスグループ、シュープリームスの実話をベースにしたドラマ。ハーレムの教会で歌っていた3姉妹が、瞬く間に名声を手にするが、1人はドラッグ中毒で転落、また1人はソロとして成功を収め、グループはバラバラになっていく。

米オーディション番組「アメリカン・アイドル」シーズン6で優勝した女性歌手ジョーダン・スパークスが、タイトルロールのスパークル役で女優デビューを飾る。ヒューストンは、スパークルとの確執を抱える母親役を演じる見込みだ。ほかに、俳優マイク・エップスが、メンバーの1人と結婚しドラッグを与えるスタンダップコメディアンを演じる。

ブラック・エンターテインメント・テレビジョンの人気コメディ「ザ・ゲーム」を手がけたサリム・アキル監督が、妻でクリエイターのマラ・ブロック・アキルと共同執筆した脚本をもとに、メガホンをとる。

このリメイク版はかなり前に、R&B歌手アリーヤ(01年に飛行機事故で他界)主演で企画され、ヒューストンは当時からプロデューサーとして名を連ねていた。その後、シュープリームスをモデルにしたビヨンセ主演「ドリームガールズ」(06)が製作され、映画初出演した「アメリカン・アイドル」出身のジェニファー・ハドソンが、アカデミー賞助演女優賞を受賞した。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi