井上靖原作、オダギリジョー主演の中国歴史大作が日本公開決定! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年9月15日 > 井上靖原作、オダギリジョー主演の中国歴史大作が日本公開決定!
メニュー

井上靖原作、オダギリジョー主演の中国歴史大作が日本公開決定!

2011年9月15日 08:01

いよいよ日本公開決定!「ウォーリアー&ウルフ」

いよいよ日本公開決定!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 井上靖の短編小説「狼災記」が原作、オダギリジョーが主演する中国・香港・シンガポール・日本合作映画「ウォーリアー&ウルフ」が10月中旬に公開されることが、明らかになった。

2000年以上前の中国・秦帝国が舞台。冬はオオカミに支配される北方の荒廃した土地で、反逆を試みる部族を制圧する軍隊の男・陸沈康(オダギリ)が禁断の恋に落ちる。原始的な自己の一面の複雑な結びつきと孤独を乗り越え、人間性を捨ててまで陸が得ようとした経験を、2人の男、人間と戦争、人間とオオカミ、2匹のオオカミを通して描く歴史大作だ。チベットの過酷な自然の中で生きる人々を描いた「盗馬賊」などで知られる中国の気鋭、ティエン・チュアンチュアン(田壮壮)監督がメガホンをとった。

共演は、人気米ドラマ「NIKITA ニキータ」での体当たりのアクションが人気のマギー・Q。世界的に活躍する日本人デザイナーのワダ・エミが衣装を担当する。

ティエン監督は「井上氏の小説を映画化することは私にとって非常に有益な経験でした。この映画の製作に際し、物語の舞台となった時代背景や場所、人、彼らの運命・葛藤・感情を考え直せざるを得ませんでした」と語り、あらかじめプロデューサーが選んだ主要キャストの候補から、ティエン監督がオダギリを選んだという。

中国語を話さないオダギリ、マギー・Qをメインキャストに据えたことについては「言語は大きな問題ではありません。重要なことは俳優たちと私が製作する映画に対して同じビジョンを持つことだと思います。それが共同製作を可能にするのです。私が過去に撮った作品を含め、言葉の壁が問題になったことは一度たりともありません」と明かしている。

ウォーリアー&ウルフ」は、10月中旬、東京・渋谷シネマライズで公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi