中村獅童、「かつては女性の敵と言われてた」と自虐 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年9月12日 > 中村獅童、「かつては女性の敵と言われてた」と自虐
メニュー

中村獅童、「かつては女性の敵と言われてた」と自虐

2011年9月12日 13:33

かつては女性の敵だったと明かした獅童「日輪の遺産」

かつては女性の敵だったと明かした獅童
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 浅田次郎のベストセラー小説を堺雅人主演で映画化した「日輪の遺産」のヒット御礼舞台挨拶が9月11日、東京・角川シネマ新宿であり、中村獅童森迫永依佐々部清監督が登壇した。

終戦間近の1945年8月10日、マッカーサーから奪取した時価900億円もの財宝を隠すよう密命を受けた帝国陸軍の真柴少佐(堺)、小泉中尉(福士誠治)、望月曹長(獅童)の三名が、祖国復興の思いを胸に、勤労動員として呼集された20人の少女(森迫ら)とともに任務を遂行していく姿を描く。

公開3週目を迎え、ようやくファンの前に姿を現した獅童は、「年に1回は日本兵役を演じているが、これまでとは違った役柄にめぐり合えてうれしい。たたずまいや生き方など、日本兵らしさを大切に演じた」と振り返った。しかし森迫が「クールでかっこいい。いつも見ても素敵です」と獅童をベタぼめすると、「本当にうれしいけど、かつては世の中の女性の敵と言われていたんだ。ほめてもいいことないよ」と自虐交じりに笑いを誘った。また、この日14歳、14日に38歳の誕生日を迎える森迫と獅童には、映画の内容にちなんだ金塊型バースデーケーキがサプライズで贈呈され、二人そろってロウソクの火を吹き消した。

奇しくもこの日は、東日本大震災から半年、アメリカ同時多発テロ事件から10年という節目の日。先月、宮城・石巻市で同作の無料上映会を開催した佐々部監督は、「震災前から『いつか、この国が生まれ変わるために』というコピーはあったのだけど、映画監督として、この時期に誇りをもって上映できる映画を作ったつもり」と胸を張った。

日輪の遺産」は全国で公開中。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi