元世界チャンピオン竹原、徳山秀典と佐藤祐基を「天才」と絶賛! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年9月11日 > 元世界チャンピオン竹原、徳山秀典と佐藤祐基を「天才」と絶賛!
メニュー

元世界チャンピオン竹原、徳山秀典と佐藤祐基を「天才」と絶賛!

2011年9月11日 17:00

原案を手がけた竹原慎二は「天才!」を連発「タナトス」

原案を手がけた竹原慎二は「天才!」を連発
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 元WBAミドル級チャンピオンの竹原慎二が原案を手がけた人気漫画を映画化したボクシング映画「タナトス」が9月10日に公開初日を迎え、主演の徳山秀典佐藤祐基平愛梨、竹原が都内の劇場で舞台挨拶に登壇した。

運命的な出会いを果たした2人の男が、歩む道は違いながらもチャンピオンを目標に突き進んでいくさまを描く。

主人公のリクを演じた徳山は「中途半端にやりたくなかったので、なるべく原作に忠実にという思いでやりました。顔以外はすべてリクになれたと思います」と充実した表情で語る。実際に肉体作りとボクシングのトレーニングを実践。「最初に62キロあった体重が3週間で体を作って72キロになって、そこから撮影を通じて59キロまで落ちました」と述懐した。

佐藤はリクのライバルで天才的なセンスを持つ棚夫木に扮したが、“天才”という設定に苦しめられたという。「何度押しつぶされてそうになったか……。みなさんに助けられて、天才に見せてもらいました」と初日を迎えてホッとした様子だ。

そんな佐藤の苦悩を知ってか知らずか、平は徳山と佐藤に対し「天才」という言葉を連発。「本当にすごい迫力で、天才的な2人でした」と絶賛した。「戦う男性ってどうですか?」という問いにも「素晴らしい! 天才です」とザックリとした答えで徳山から「天才って言っておけばいいと思ってるでしょ!」と突っ込まれていた。

竹原の採点は120点。「僕の中で200点をつけたいけど、僕が映画に出てしまっているのでそこを減点です」と苦笑しつつ「見てみたら思っていた以上でした。本当に天才! グーです」と惜しみない称賛を送っていた。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi