大泉洋&西田敏行、“妊婦”小雪を舞台挨拶で祝福 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年9月10日 > 大泉洋&西田敏行、“妊婦”小雪を舞台挨拶で祝福
メニュー

大泉洋&西田敏行、“妊婦”小雪を舞台挨拶で祝福

2011年9月10日 13:39

妊娠5カ月の小雪に対する祝福ムードで 満たされた「探偵はBARにいる」初日挨拶「探偵はBARにいる」

妊娠5カ月の小雪に対する祝福ムードで
満たされた「探偵はBARにいる」初日挨拶
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 大泉洋の主演映画「探偵はBARにいる」が9月10日、全国251スクリーンで公開され、大泉をはじめ主要キャストの松田龍平小雪西田敏行橋本一監督は東京・銀座の丸の内TOEIで舞台挨拶に立った。大泉は、「我々がかわいがって、かわいがって育てた子どものような作品。まだ誕生していないけれど、この子ももう動くんだってね」と妊娠5カ月の小雪の腹部をさする仕草。小雪が「蹴るようになりました」と報告すると、大泉は「元気ですくすく育ってもらいたい」と祝福した。

西田は、劇中で小雪と夫婦役を演じた。「これまで夫婦役っていうと泉ピン子さん。妻とはそういうものだと思っていた。それが、まさか小雪さんが妻とは……」とニヤリ。小雪が「本当に温かい方。ドレスのシーンが多く、ハイヒールをはいていたので、いつも歩幅を合わせてくれた」と感謝すると、「おなかの子が自分の子のような気がしてきた」と語り、場内の爆笑を誘っていた。

東直己の人気探偵小説を映画化する同作は、シリーズ10作を誇る“ススキノ探偵シリーズ”の1作目のタイトル。映画では、2作目となる「バーにかかってきた電話」の内容が描かれる。根城にしているバー「ケラー・オオハタ」で寛ぐ探偵(大泉)のもとに、謎の女“コンドウキョウコ”から「ある男に会い、彼にひとつ質問してほしい」という依頼を受ける。簡単な仕事のはずだったが、直後に命を狙われるはめになる。

探偵に扮した大泉は、札幌での過酷な撮影を振り返り「このシリーズの探偵はまだまだやりますが、ここまでのアクションはやりません!」と宣言。しかし、客席から「格好よかった!」と黄色い声援が届くと「次までにもう一度鍛え上げて、全編裸で演じたい」と意気込んだ。大泉の相棒役だった松田は、「あんまりこういう人は見たことがない。僕もやりながら楽しめたし、続編があれば次回もぜひ」と語った。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi