「カンフー・パンダ2」、女性監督作品で歴代No.1興収を記録 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年9月8日 > 「カンフー・パンダ2」、女性監督作品で歴代No.1興収を記録
メニュー

「カンフー・パンダ2」、女性監督作品で歴代No.1興収を記録

2011年9月8日 11:21

キャスリン・ビグローなんて目じゃない!「カンフー・パンダ」

キャスリン・ビグローなんて目じゃない!
KUNG FU PANDA 2(TM)&(C) 2011 DreamWorks Animation LLC.
All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ドリームワークス・アニメーションの「カンフー・パンダ2」(公開中)が、女性監督の作品としては史上最高の興行収入を記録したことが明らかになった。同社が正式に発表した。

栄誉を手にしたのは、同作で監督デビューを果たしたジェニファー・ユー・ネルソン。ドリームワークスによれば、「カンフー・パンダ2」の全世界での興収は、現時点で6億5000万ドルを突破。女性監督の記録としては、世界興収6億980万ドルを稼ぎ出した「マンマ・ミーア!」(2009)のフィリダ・ロイド監督を抜いてトップに立った。

ネルソンは、前作「カンフー・パンダ」や「マダガスカル」といった作品にストーリーボード・アーティストとしてかかわってきた実績を買われ、監督に抜てきされた。ちなみに、ハリウッドメジャーの長編アニメ映画で、女性が単独で監督を務めたのはネルソンが初めてだった。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi