“武井咲”カーに本人ご満悦「スターになった気分」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年9月8日 > “武井咲”カーに本人ご満悦「スターになった気分」
メニュー

“武井咲”カーに本人ご満悦「スターになった気分」

2011年9月8日 15:23

“武井咲”カーにスター気分!「ワイルド・スピード MEGA MAX」

“武井咲”カーにスター気分!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優の武井咲が9月8日、人気アクションシリーズ最新作「ワイルド・スピード MEGA MAX」のPRイベントに出席した。自身がイラスト化されたオリジナルのペイントカーに乗って、会場となった東京・新木場の特設倉庫にさっそうと登場。「私の顔が描かれた車なんて見たことないから、すごくうれしい。特にまつげの感じや目が似ているかな。スーパースターになった気分で、誰かに自慢したくなっちゃう」とご満悦だった。

世界63カ国でNo.1ヒットを記録している人気シリーズ第5弾。武井は同作の日本語吹き替え版で、舞台となるブラジル・リオデジャネイロの地元警察官・エレナ(エルザ・パタキー)を演じている。父親が同シリーズの大ファンだといい、「すごく喜んでくれた。きっとこの車のことも喜んでくれるはず」。国民的美少女コンテストに出場した理由も「賞金でパパに格好いい車に乗ってほしいと思ったから」だといい、「そのときは優勝できなかったが、今から頑張って(車を)買ってあげたい」と親孝行な一面をのぞかせた。

現在17歳でまだ運転免許は取得できないが、「私も車が大好きなので、18歳になったらすぐにでも。でも小心者なので、ハンドルを握ったらスピードは出さないと思います」。次回作の出演オファーが来たら「ぜひ出たい。今度は(声ではなく)私自身がエレナを演じたい」とハリウッド進出にも意欲を見せた。

前科者のドミニク(ビン・ディーゼル)と彼を脱獄させた元捜査官ブライアン(ポール・ウォーカー)が“永遠の自由”を求めて、ブラジルの裏社会を牛耳る悪徳投資家から1億ドルを奪う計画を立案。一方、凄腕FBI特別捜査官・ホブス(ドウェイン・ジョンソン)は、自ら助手に抜てきした新人警官エレナとともに、彼らを追い詰める。前作「ワイルド・スピードMAX」のジャスティン・リン監督がメガホンをとる。

ワイルド・スピード MEGA MAX」は10月1日から全国で公開。9月23~25日の3日間に先行上映される。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi