【ベネチア国際映画祭】アル・パチーノに「監督ばんざい賞」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年9月7日 > 【ベネチア国際映画祭】アル・パチーノに「監督ばんざい賞」
メニュー

【ベネチア国際映画祭】アル・パチーノに「監督ばんざい賞」

2011年9月7日 12:55

舞台で共演したジェシカ・チャスティンと「ツリー・オブ・ライフ」

舞台で共演したジェシカ・チャスティンと
写真:Photoshot/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ベネチア名物のゴンドラ・レース、レガッタが開催され大変な人出を見せた9月4日(現地時間)、アル・パチーノが第68回ベネチア国際映画祭を訪れ、かつて北野武監督も受賞した「監督ばんざい賞」を授与された。受賞セレモニー後には、自らの主演・監督作「Wild Salome」を披露し、喝采を浴びた。

「Wild Salome」は、パチーノがジェシカ・チャスティンらと舞台で上演していた演目だが、“サロメ好き”が高じ、その舞台裏から映画の企画までを一種のフェイク・ドキュメンタリーとしてまとめたもの。サロメにかけるパチーノのこだわりと熱狂ぶりが伝わってくる。「ツリー・オブ・ライフ」とはまったく異なる妖艶な演技のチャスティンも印象的だ。

さらに前日には、招待作品としてスティーブン・ソダーバーグ監督作「Contagion」が上映され、レッドカーペットには監督とともにマット・デイモングウィネス・パルトロウローレンス・フィッシュバーンらが顔をそろえた。新種のウィルスが出現し、世界各地に瞬く間に広がる物語は、パニックに陥りながらも使命感に燃え、希望を失わない人々の様子が感動を誘う。ソダーバーグらしい、切れ味のいい鮮やかな手さばきが生きている。

コンペ作品としては、デビッド・クローネンバーグ待望の新作「A Dangerous Method」も高い評価を得た。20世紀頭のウィーンを舞台に、フロイト(ビゴ・モーテンセン)、ユング(マイケル・ファスベンダー)とその患者(キーラ・ナイトレイ)をめぐる友情と確執、精神分析を橋渡しにした恋愛関係を描く。

クローネンバーグとしては珍しくオーソドックスな作りながら、配役の妙、意味深いセリフ、ディテールに凝った映像で、どっしりと見応えのある作品になった。三者三様の熱演が光る俳優陣のなか、特にユング役のファスベンダーには早くも男優賞の声がささやかれたが、比較的無名の俳優に軍配のあがりやすいベネチアだけに、どう転ぶかは予測がつかない。(佐藤久理子)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi