石丸謙二郎“世界の洞窟から”トークが止まらず : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年9月6日 > 石丸謙二郎“世界の洞窟から”トークが止まらず
メニュー

石丸謙二郎“世界の洞窟から”トークが止まらず

2011年9月6日 20:45

“世界の洞窟から”トークに花が咲く「サンクタム」

“世界の洞窟から”トークに花が咲く
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 熱帯雨林に広がる洞窟を舞台にしたサバイバル超大作「サンクタム」の公開記念トークショーが9月6日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、俳優の石丸謙二郎、タレントの田中直樹吉澤ひとみが出席した。

ジェームズ・キャメロンが製作総指揮を手がけ、深遠なる洞窟の世界とアドベンチャーを3Dで体感できる同作。石丸はケイビングと呼ばれる洞窟探検のエキスパートで、「僕は『アバター』を見たときから、奥行きや深さがある洞窟を描くのに3Dが向いていると思った。今までの洞窟映画のなかで、一番リアル」と太鼓判。その後も「人間に残された未開のエリアは地下だけ」「洞窟には政治も宗教も、幽霊さえいない。これほどクリアな世界はない」「地球は穴だらけ。縦穴と横穴、どっちが好き?」など、「世界の車窓から」ならぬ「世界の洞窟から」トークが止まらず。「洞窟のことなら、ひと晩中話せる」と豪語した。

石丸の熱のこもったトークに、田中と吉澤のふたりは圧倒されっぱなし。田中は番組の収録で、石丸とともにケイビングに挑戦しており「振り向くと急にどこかへ行ってしまって、ロケが押してしまう(笑)。石丸さん、穴があったら全部入っちゃうんですよ。すべての地形が頭に入っているからなんでしょうけど」。自身も自然や動物に高い関心をもち、「この先に何があるんだろう、どんな動物がいるんだろうという好奇心があるから、一歩前に進める」とこちらも熱っぽく語った。

ダイバー愛好家で、ベストダイバー賞を受賞した経験をもつ吉澤は「映画を見ながら、怖くてこんな場所行けないって、ずっと腹筋に力が入り続けた」。それでも「行ったことのない場所はもう宇宙だけだと思っていたが、何もない真っ暗な洞窟に、きっと感じる何かがあるはず」とケイビングに興味津々。石丸も「きっといいケイバーになれますね」と背中を押していた。

サンクタム」は9月16日から全国で公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • スリー・ビルボードの評論 スリー・ビルボード 悲劇と喜劇、悲哀と笑い。果てしない不毛さの中に現れる“愛でるべきもの”
  • 羊の木の評論 羊の木 “異物”を排除する風潮に、寓話のかたちで果敢な異議申し立てを試みている
  • サファリの評論 サファリ 野生動物を殺すという娯楽に熱中する人々を捉えた戦慄の狩猟ドキュメンタリー
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi