香川京子「溝口監督の『近松物語』が一番」FIAF賞受賞会見できっぱり : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年9月6日 > 香川京子「溝口監督の『近松物語』が一番」FIAF賞受賞会見できっぱり
メニュー

香川京子「溝口監督の『近松物語』が一番」FIAF賞受賞会見できっぱり

2011年9月6日 20:33

FIAF賞受賞会見に出席した 香川京子「近松物語」

FIAF賞受賞会見に出席した
香川京子
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優の香川京子が9月6日、映画遺産の保存活動に貢献した人物に贈られるFIAF賞の受賞を記念し、有楽町の日本外国特派員協会で会見した。

同賞は世界77カ国、150以上の映画保存期間で構成される国際フィルム・アーカイブ連盟(FIAF)が2001年に制定。過去の受賞者にはマーティン・スコセッシ、マノエル・ド・オリベイラ、イングマール・ベルイマンマイク・リーら世界のそうそうたる巨匠たちが並び、香川は日本人初、アジアの女優としても初の受賞となる。

香川は溝口健二小津安二郎黒澤明成瀬巳喜男ら日本が誇る巨匠たちの作品に出演。FIAFの会員である東京国立近代美術館フィルムセンターによれば、香川が当時の撮影中のスナップ写真や資料などを10年ほど前から同センターに寄贈し始め、現在までに300点ほどになったという。この功績がFIAFに認められたそうで、香川は「世界的に素晴らしい人たちのお仲間に入れていただけるのは、光栄でありがたいこと。私はその方たちの足元にも及びませんので申し訳ない気持ちもありますが、これをきっかけにできる限りお手伝いをさせていただきたい」と喜びを語った。

数多くの出演作の中で「何が一番かといえば溝口監督の『近松物語』」と断言。演技指導は一切なく、「できるまで何回もやらされ、手も足も出なかった。死ぬほどつらい思いをしましたが、芝居の基本を教えてもらったと思います。溝口監督が私の中に一番大きなものを残してくれました」と思いをはせた。溝口監督は長回しで知られるが、「私は長い方が気持ちがつながり、カメラを気にせず芝居に集中できるので好きです」と映画女優のプライドものぞかせた。

現在の日本映画界については、「昔との大きな違いは撮影所がなくなったこと。それだけに、誰でも映画を撮れる自由さがあると思います」と分析。香川の背中を目指す後進に対しては、「日本映画に限らず、多くの優れた作品が残っているので、たくさん見てほしい。それが一番じゃないかな。それと、いろいろな現場での経験が大事。ムダだと思うこともあるかもしれないけれど、時間がたてば何かの役に立っていると思うはずです」とエールを送った。

10月22~30日に開催される第24回東京国際映画祭では、フィルムセンターとの共催で「近松物語」の新訳ニュープリント版をはじめ「東京物語」のデジタルリマスター(小津監督)、「驟雨」(成瀬監督)、「どん底」(黒澤監督)など香川さんが出演した9作品を「香川京子と巨匠たち」と題し特集上映。会期中の10月24日に、FIAF賞の授賞式が行われる。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi