ソダーバーグ監督が引退宣言を撤回 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年9月6日 > ソダーバーグ監督が引退宣言を撤回
メニュー

ソダーバーグ監督が引退宣言を撤回

2011年9月6日 19:13

引退宣言を撤回?「コンテイジョン」

引退宣言を撤回?
写真:Startraks/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] スティーブン・ソダーバーグ監督が引退を撤回したと、ハリウッド・レポーター紙が報じた。

ソダーバーグ監督は「トラフィック」でアカデミー賞作品賞を受賞したほか、「オーシャンズ11」シリーズなどを放つヒットメーカーとして知られているが、近いうちに映画界を離れ画家に転向すると宣言していた。9月9日に全米公開されるパンデミック・サスペンス「コンテイジョン」の宣伝の席でも、「まだ時間と能力のあるうちに、別の芸術形態を追求することに興味をもっている」(ニューヨーク・タイムズ紙)と発言していた。

しかし、「コンテイジョン」をひっさげてベネチア国際映画祭入りしたソダーバーグ監督に、心境の変化があったようだ。BBCニュースの取材を受けたソダーバーグ監督は、「引退なんてドラマチックなものじゃない。単なる長期休暇だ」と撤回。「新しい刺激を見つけるために、自分の価値観をリフレッシュさせたい」と、監督業への意欲を語った。

ソダーバーグ監督は、スパイサスペンス「Haywire」をすでに完成させており、現在は男性ストリッパー映画「マジック・マイク(原題)」のプリプロダクションに入っている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi