45年越しのカラー化「総天然色ウルトラQ」にカネゴン大喜び : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年9月6日 > 45年越しのカラー化「総天然色ウルトラQ」にカネゴン大喜び
メニュー

45年越しのカラー化「総天然色ウルトラQ」にカネゴン大喜び

2011年9月6日 13:03

カネゴンも大喜び

カネゴンも大喜び
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 日本中に“怪獣ブーム”を巻き起こしたテレビ映画「ウルトラQ」をHDフルカラー化した「総天然色 ウルトラQ」のプレミア試写会が9月5日、都内で行われた。上映前には西條康彦(戸川一平役)、桜井浩子(江戸川由利子役)がトークショーで当時の撮影秘話を披露。人気キャラクターのカネゴンも登場し、客席を沸かせた。

1966年に放送された「ウルトラQ」は、円谷プロダクションが自社企画として初めて製作。アメリカのテレビシリーズ「トワイライト・ゾーン」などをヒントにした1話完結の空想SFドラマで、全28エピソードが放送された。日常で起こる怪事件や怪獣が巻き起こす騒動を、当時最新の特撮技術で描写。平均視聴率32.4%、最高視聴率36.8%を記録する社会現象を巻き起こした。

今回のHDフルカラー化は、レイ・ハリーハウゼンのモノクロ作品をカラー化した実績をもつ米レジェンド3D社との業務提携により実現。“総天然色”をコンセプトに、往年の撮影現場を知る関係者からの証言や、当時の設定資料をもとに約3年の歳月を費やしカラー化に挑んだ。

後に「ウルトラマン」のフジアキコ役で国民的人気を博した桜井は「当時は衣装なんてほとんどなくて、95%は自前だった。色もよーく覚えているし、色の監修っていうと大げさだけど協力させていただいた」。買ったばかりの靴が1回の撮影でボロボロになることもあったといい「(衣装代を)返してくれる? 円谷プロ」と笑いを誘った。西條も45年越しのカラー化に「まさか総天然色で見られるなんて、ゆめゆめ思っていなかった。うれしさ半分、驚き半分ですね」と感慨しきりだ。

この日はファンの間で特に人気が高い第9話「クモ男爵」、第14話「東京氷河期」が上映され、「巨大クモが本当に気持ち悪くて。吐き出す糸もよくできていたし、実物があるとないとでは演技も全然変わってくる」(桜井)、「『東京氷河期』は昭和の景色が見どころ。改めて作ったら大変だよ」(西條)。当時、音声はすべて撮影後にアフレコされたといい、西條が「アフレコは桜井がいちばんうまかった」。すかさず桜井が「アフレコ“は”? アフレコ“も”でしょ」と返し、当時と変わらぬ丁丁発止のやり取りで、往年のファンを喜ばせた。

「総天然色 ウルトラQ」ブルーレイ&DVDボックスIは発売中。ボックスIIが2012年1月27日に発売される。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi