仲里依紗「ハラがコレなんで」釜山映画祭へ! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年9月6日 > 仲里依紗「ハラがコレなんで」釜山映画祭へ!
メニュー

仲里依紗「ハラがコレなんで」釜山映画祭へ!

2011年9月6日 07:02

肝っ玉妊婦が釜山へ!「ハラがコレなんで」

肝っ玉妊婦が釜山へ!
(C)2011「ハラがコレなんで」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 仲里依紗主演、石井裕也監督作「ハラがコレなんで」が、第16回釜山国際映画祭で正式上映されることになった。「アジアの窓」部門での上映となり、仲と石井監督は上映に合わせて渡韓し、同映画祭に初参加する。

同作で、仲は父親不明のまま妊娠9カ月を迎えた24歳の妊婦という役どころに挑戦。「OK、大丈夫。私がなんとかする!」。自分のことを後回しにし他人を助けようと奔走する、現代社会で失われかけた義理人情に厚い主人公だ。

川の底からこんにちは」「あぜ道のダンディ」と立て続けに新作を発表している石井監督。各国の映画祭からも注目の的で、今作もすでに第30回バンクーバー国際映画祭、第55回ロンドン映画祭での正式出品が決定している。石井監督は、「日本人の美意識や心意気を描いた映画です。それが海外の方々にどう受け取られるのか、とても楽しみです」とコメントを寄せた。

一方、「この世で最も大事なものは粋に生きること」を信条とする“肝っ玉妊婦”を演じた仲は、今回の出品を手放しで喜んでいる。「私が演じた光子は、人のためにとにかく一生懸命な人です。私自身も演じながら光子に元気をもらっていました」と述懐。そして、「この映画で釜山映画祭に参加できると聞き、すごく光栄です。海外の映画祭の雰囲気を思い切り楽しんできたいと思います」と話している。

ハラがコレなんで」は、11月5日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi