料理初挑戦の瀬戸康史「グレーテルのかまど」でスイーツ男子に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年9月5日 > 料理初挑戦の瀬戸康史「グレーテルのかまど」でスイーツ男子に
メニュー

料理初挑戦の瀬戸康史「グレーテルのかまど」でスイーツ男子に

2011年9月5日 17:43

料理初挑戦の瀬戸康史

料理初挑戦の瀬戸康史
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の瀬戸康史が9月5日、東京・渋谷のNHKで新番組「グレーテルのかまど」の取材会に出席した。この日、第1話の収録を終えたばかりの瀬戸は、初のナビゲーターと料理に挑戦。“初めて”づくしの収録に「人に伝えたり感情を表に出したりすることが、芝居以外では苦手。だから素直に喜んだり自然な感じで料理をつくって、この番組がある意味をどんどん伝えていきたい」と意欲をのぞかせた。

料理経験がない瀬戸は、調理実習を行いながら収録に臨んでいるという。「足りない部分もたくさんあるけど、忙しく頑張っている女性の励みになれば。お菓子を食べるときにいつもと違う感覚を味わったり、元気にあふれるパワーを広げていきたい。僕も番組を通して、成長していけたらいいな」とアピールした。

ナレーションの“かまど”の声を担当するキムラ緑子は、オファーを受け「ああ、かまどかあ……」と戸惑ったと告白。実際に収録を行い、「どうしたらいいのかわからなかったけど、瀬戸くんの様子を見て、監督と話しながら好きにやらせてもらえて楽しい」とすっかり楽しんでいる様子。お菓子にまつわるエピソードとして「高校生のときに好きな男の子が家に来ることになって、ひと晩中クッキーを焼いたんです。でもその男の子が家にきたとき、『1番嫌いなお菓子はクッキー』と言われてしまって悲しかった」とほろ苦い思い出を語った。

グリム童話「ヘンゼルとグレーテル」をモチーフに、仕事や家事に追われながら、自分の人生を切り開く女性に、一息つけるスイーツの魅力を伝える。文化人をモチーフにした番組独自のレシピや、スイーツの誕生秘話を盛り込む。7月30日に「向田邦子の水ようかん」をテーマにした特別番組として放送され、好評を博したため連載化。第1話は「スヌーピーのチョコチップクッキー」を扱う。

教養娯楽番組「グレーテルのかまど」は、10月8日から毎週土曜日に放送。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi