「朱花の月」主演の大島葉子、過酷な撮影で「点滴5回」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年9月3日 > 「朱花の月」主演の大島葉子、過酷な撮影で「点滴5回」
メニュー

「朱花の月」主演の大島葉子、過酷な撮影で「点滴5回」

2011年9月3日 21:46

東京、大阪、奈良、京都で初日を迎えた「朱花の月」「朱花(はねづ)の月」

東京、大阪、奈良、京都で初日を迎えた「朱花の月」
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第64回カンヌ映画祭コンペティション部門に出品された「朱花(はねづ)の月」(河瀬直美監督)が9月3日、東京、大阪、奈良、京都の4都市で封切られ、東京・渋谷のユーロスペースで主演の大島葉子をはじめ、明川哲也ら出演者が初日舞台挨拶に立った。

舞台は万葉の時代と変わらぬ姿を残す奈良県・飛鳥地方。朱花という色に魅せられた染色家の女性・加夜子(大島)と長年同せいする恋人の編集者・哲也(明川)、そしてこの地に移り住んだ木工作家の拓未(こみずとうた)が織りなす三角関係を、“自然との融合”という河瀬監督ならではの視点で描く。原案は坂東眞砂子の小説「逢はなくもあやし」(集英社)。拓未の母親を樹木希林が演じている。

モデルとしても活躍する大島は「とにかく大変な1カ月だった」と昨年4月に奈良で行われた撮影を述懐。河瀬流の過酷な現場を体験し「食事がのどを通らなかったほどで、点滴を5回受けた。大変だったが、監督が私の中にいる加夜子を待ち続けてくれた」。それだけに「初日を迎えることができて、とてもうれしい」と感無量の面持ちだ。

恋人を演じた明川も「彼女(大島)の消耗がすごくて、撮影が終わるのかなって思ったほど。撮影中は役柄同様、一緒に暮らしていたが、毎晩疲れて帰ってくるので、よく寿司屋に連れて行った」。寿司屋の主人はふたりを本当の夫婦だと勘違いしていたといい「よく『奥さん、大丈夫ですか?』って心配された」と明かし、大島は「監督には内緒で(笑)。なるべく孤独にいるよう言われていたので……」と笑いを誘った。舞台挨拶には共演した山口美也子、こみずの実弟で出演もしている小水たいがも出席した。

同日、河瀬監督とこみずとうた、音楽を手がけたハシケンらが奈良・TOHOシネマズ橿原、京都・ワーナー・マイカル・シネマズ高の原で初日舞台挨拶を実施。9月23日、24日にはユーロスペースで、河瀬監督のトークショーが行われる予定だ。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

狗神[DVD] 狗神[DVD]最安値: ¥1,854 死国[DVD] 死国[DVD]最安値: ¥4,071 アイドル・イズ・デッド[DVD] アイドル・イズ・デッド[DVD]最安値: ¥1,026
ネオン蝶 第三幕[DVD] ネオン蝶 第三幕[DVD]最安値: ¥2,825 アイドル・イズ・デッド[DVD] アイドル・イズ・デッド[DVD]最安値: ¥3,365 ネオン蝶 第四幕[DVD] ネオン蝶 第四幕[DVD]最安値: ¥2,825
Powered by 価格.com

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi