庵野秀明、初プロデュース作を「まだ見ていない」と衝撃の告白 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年9月3日 > 庵野秀明、初プロデュース作を「まだ見ていない」と衝撃の告白
メニュー

庵野秀明、初プロデュース作を「まだ見ていない」と衝撃の告白

2011年9月3日 17:01

公開初日を迎えた「監督失格」「監督失格」

公開初日を迎えた「監督失格」
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ドキュメンタリー映画「監督失格」が9月3日に公開を迎え、TOHOシネマズ六本木で行われた舞台挨拶に平野勝之監督と庵野秀明プロデューサーが登壇した。

2005年、35歳の誕生日前日に急逝した女優・林由美香さんをめぐる愛の記録を、林さんの元恋人でもある平野監督が映画に仕上げた。平野監督11年ぶりとなる新作で、庵野にとっては初の実写プロデュース作品。インディーズ映画としては異例の都内シネコンでの独占先行公開となった。

約1年前から編集作業を続けてきた平野監督は、「ここまで来るのは長かったです。出産を終えたような気持ち」と感慨深げ。当初は「10年か20年くらい経って、気持ちが落ち着いたら作ろうと思っていた」というが、企画・製作を務めた甘木モリオとの出会いをきっかけに「覚悟が決まらないままに作り始めた。去年ぐらいにようやく出口が見えてきました」と生みの苦しみを口にした。

主題歌「しあわせなバカタレ」を含む音楽を矢野顕子が担当しているが、平野は「お客さんの気持ちの出口を作りたかった。ダメ元でお願いしたんですが、最初に(タイトルと詞を)見たとき、笑いながら泣きました」と明かす。

庵野は「平野さんが作れなくて苦しんでいるのを見て、何とかここで作ってほしいという願いのような気持ち」とプロデュースを務めた理由を説明した。だが、映画の感想を問われると「実は僕はまだ完成作は見ていないんです」と告白。会場のどよめきをよそに、「もう(自身の)来年の次回作に頭がいっているんで。『ヱヴァ』が終わってからの楽しみにしようかと思っています」とあっけらかんとした口調で語っていた。

この日は林の母で、人気ラーメン店「野方ホープ」の社長でもある小栗冨美代も来場。林の写真を掲げ、平野監督とスタッフ、観客への感謝の思いを口にした。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi