高畑勲、新作の完成は「まだまだ」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年9月2日 > 高畑勲、新作の完成は「まだまだ」
メニュー

高畑勲、新作の完成は「まだまだ」

2011年9月2日 17:17

「竹取物語」を題材にした新作を製作中の高畑勲 「竹取物語」を題材にした新作を製作中の高畑勲
[拡大画像]

[映画.com ニュース] アニメーション映画監督の高畑勲が9月2日、東京・江東区の東京都現代美術館で「フレデリック・バック展」の開催記念トークショーに、女優の竹下景子、工芸家の稲本正とともに出席した。バック氏は人間と自然とのかかわりや環境問題などのメッセージを込めた物語を描き続けるカナダのアニメーション作家。高畑監督は同展の開催に「大震災や原発の問題を抱える今こそ、時宜にかなっている」。現在は、「竹取物語」を題材にした新作を製作中だが「完成はまだまだ……。あと2年くらい先になりそう」と明かした。

バック氏の展覧会としては世界最大規模となる同展。1920年代から現在までに描かれた原画、スケッチ、コンセプトアートなど約1000点を通して、バック氏の波乱万丈の人生をたどる。高畑監督は、約30年前に出合ったバック氏の作風を参考に「ホーホケキョ・となりの山田くん」を製作し、バック氏を師と仰ぐほどだ。

高畑監督は「これまで“自然との共生”といっても雰囲気に過ぎなかった。しかし、大震災でキレイ事は吹き飛んだ。それだけ自然は強かったということ。その自然の中で生きるしかない人間にとって、バックさんの作品は役に立つはず」と力説。メガホンをとった「平成狸合戦ぽんぽこ」について、「もともと日本人は自然との付き合い方が上手だったが、戦後、そういった資質を失ったせいで、今はまずいことになっている。タヌキは“狸”という文字からもわかるように、里の近くにいた身近な動物。彼らとの付き合いを通して、問題提起したかった」とバック氏との共通点を語った。

フレデリック・バック展」は東京都現代美術館で10月2日まで開催(月曜休館、9月19日、26日は開館)。

フォトギャラリー

レビュー利用規約に同意の上、コメント投稿する

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
採用情報