「スパイキッズ」R・ロドリゲス監督、次回作は“5D”を示唆 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年8月31日 > 「スパイキッズ」R・ロドリゲス監督、次回作は“5D”を示唆
メニュー

「スパイキッズ」R・ロドリゲス監督、次回作は“5D”を示唆

2011年8月31日 11:15

4Dミッションカードで未知の体験!「スパイキッズ」

4Dミッションカードで未知の体験!
(C)SPY KIDS 4 SPV, LLC.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気アクションシリーズの第4弾「スパイキッズ4D:ワールドタイム・ミッション」が、「4Dミッションカード」を使用し、映画史上初の“4D”で上映されることがわかった。

“4D”とは、立体映像(3D)に匂い(1D)を加えたもの。同カードは100万枚限定で劇場配布され、スクリーンに表示された番号をこすることで、さまざまな匂いが体験できる。レベッカがママのマリッサにイタズラを仕掛けるシーンや、子育てとスパイ稼業を掛け持ちするマリッサがピンチに陥るシーンなど、合計8回にわたり番号が現れる。

メガホンをとったロバート・ロドリゲス監督は、「(同じ匂いをかぐことで)自分もキャラクターたちと一緒に、映画の中に入っているように感じる」と説明。そして「『スパイキッズ』が特に成功しているのは、子どもたちに自信を与えるからなんだ」と語る。

またロドリゲス監督は4Dを試みるにあたり、撮影中から徹底的に秘密を貫いた。新スパイキッズとして参加したローワン・ブランチャードメイソン・クックにも、事前に明かさなかったという。次回作については「5Dでやらないとね。後ろに下がることはあり得ないよ」と意欲を語った。

双子の姉弟が家族とともに、世界征服を企むタイムキーパーに立ち向かう姿を描く。シリーズ過去3作でスパイキッズを演じたアレクサ・ベガダリル・サバラが続投するほか、ジェシカ・アルバ、ジョエル・マックヘイルらが出演。

スパイキッズ4D:ワールドタイム・ミッション」は、9月17日から全国で公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi