G・クルーニー、“盟友”ソダーバーグ監督作から降板 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年8月31日 > G・クルーニー、“盟友”ソダーバーグ監督作から降板
メニュー

G・クルーニー、“盟友”ソダーバーグ監督作から降板

2011年8月31日 15:03

ソダーバーグ監督作から降板

ソダーバーグ監督作から降板
写真:Rex Features/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 往年のテレビドラマ「0011ナポレオン・ソロ」の映画化「The Man from U.N.C.L.E.」から、ジョージ・クルーニーが降板したとDeadlineが報じた。

同作はクルーニーの盟友スティーブン・ソダーバーグが温めていた企画。オリジナルは世界の法と秩序を守る国際機関U.N.C.L.E.に所属するスパイ2人の活躍を描く物語で、クルーニーの出演は当初から決まっていた。降板の理由は明らかにされていないが、映画会社サイドによれば来年2月のクランクイン予定に変更はないという。

ソダーバーグ監督は、新種の伝染病の恐怖を描く群像劇「Contagion」とアクションスリラー「Haywire」をすでに完成させており、9月からチャニング・テイタム主演の男性ストリッパー映画「Magic Mike」の撮影に取りかかる。一方、クルーニーは、アレクサンダー・ペイン監督作「The Descendants」とアルフォンソ・キュアロン監督作「Gravity」、自身の監督作「The Ides of March」への出演を終えている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi