「監督失格」韓国ドキュメンタリー映画祭で海外初進出 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年8月31日 > 「監督失格」韓国ドキュメンタリー映画祭で海外初進出
メニュー

「監督失格」韓国ドキュメンタリー映画祭で海外初進出

2011年8月31日 08:02

ついに海外進出決定「監督失格」

ついに海外進出決定
(C)「監督失格」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 平野勝之監督が11年ぶりに手がけた最新作「監督失格」が、第3回DMZ国際ドキュメンタリー映画祭のアジアン・パースペクティブ部門で上映されることが決定した。

同映画祭は9月22~28日、韓国・京畿道のパジュで開催。3回目を迎える今年は「平和、疎通、命」をテーマに、100本以上の作品の上映を予定している。

映画は、2005年に34歳の若さで急逝した女優・林由美香さんの姿を追ったドキュメンタリー。約15年間にわたる記録と、林さんの死後に撮影された映像で構成されている。「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」で知られる庵野秀明が、実写映画を初めてプロデュースしたことでも話題を集めた。

同映画祭への出品が決定したことを受け、製作、企画を担当した甘木モリオプロデューサーは「ある意味日本的というか、センチメンタリズムの極みのようなこの映画をお隣の国、韓国ではどのように評価されるのか、大変楽しみです」とコメントを寄せた。

林さんの元恋人でもあり、ドキュメンタリー「由美香」(97)を製作した平野監督は、「海外での上映はこれが初めてなので、海外の方々の反応がとても気になります。基本的に生と死という普遍的なテーマを扱っている映画なので、各国の方々にも伝わるものだと信じています」と語った。

監督失格」は、9月3日から東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで独占先行公開

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • スリー・ビルボードの評論 スリー・ビルボード 悲劇と喜劇、悲哀と笑い。果てしない不毛さの中に現れる“愛でるべきもの”
  • 羊の木の評論 羊の木 “異物”を排除する風潮に、寓話のかたちで果敢な異議申し立てを試みている
  • サファリの評論 サファリ 野生動物を殺すという娯楽に熱中する人々を捉えた戦慄の狩猟ドキュメンタリー
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi