「監督失格」韓国ドキュメンタリー映画祭で海外初進出 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年8月31日 > 「監督失格」韓国ドキュメンタリー映画祭で海外初進出
メニュー

「監督失格」韓国ドキュメンタリー映画祭で海外初進出

2011年8月31日 08:02

ついに海外進出決定「監督失格」

ついに海外進出決定
(C)「監督失格」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 平野勝之監督が11年ぶりに手がけた最新作「監督失格」が、第3回DMZ国際ドキュメンタリー映画祭のアジアン・パースペクティブ部門で上映されることが決定した。

同映画祭は9月22~28日、韓国・京畿道のパジュで開催。3回目を迎える今年は「平和、疎通、命」をテーマに、100本以上の作品の上映を予定している。

映画は、2005年に34歳の若さで急逝した女優・林由美香さんの姿を追ったドキュメンタリー。約15年間にわたる記録と、林さんの死後に撮影された映像で構成されている。「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」で知られる庵野秀明が、実写映画を初めてプロデュースしたことでも話題を集めた。

同映画祭への出品が決定したことを受け、製作、企画を担当した甘木モリオプロデューサーは「ある意味日本的というか、センチメンタリズムの極みのようなこの映画をお隣の国、韓国ではどのように評価されるのか、大変楽しみです」とコメントを寄せた。

林さんの元恋人でもあり、ドキュメンタリー「由美香」(97)を製作した平野監督は、「海外での上映はこれが初めてなので、海外の方々の反応がとても気になります。基本的に生と死という普遍的なテーマを扱っている映画なので、各国の方々にも伝わるものだと信じています」と語った。

監督失格」は、9月3日から東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで独占先行公開

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi