ブラッド・ピット、ゾンビ映画撮影中に負傷の女性を救出 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年8月30日 > ブラッド・ピット、ゾンビ映画撮影中に負傷の女性を救出
メニュー

ブラッド・ピット、ゾンビ映画撮影中に負傷の女性を救出

2011年8月30日 11:20

負傷した女性を救出したブラピ「007 慰めの報酬」

負傷した女性を救出したブラピ
写真:Splash/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 新作ゾンビ映画「World War Z(原題)」を撮影中の俳優ブラッド・ピットが8月25日、撮影現場で負傷した女性を救出していたことが分かった。

同作は現在、スコットランドでロケが行われている。米ハリウッド・レポーター誌によれば、グラスゴーのジョージ・スクエアで700人のエキストラが参加し、ゾンビ集団の襲撃から逃げる群衆のシーンを撮影していたところ、女性のひとりが転倒。あわや下敷きになるところをピットが察知し、すぐさま駆けつけて女性を抱きかかえ助け出した。

ピットのおかげで、女性は膝を打撲する軽傷で済んだという。撮影の真っ最中だったため、ピットはその女性と話す時間はなかったそうだが、女性は大スターの行動に感激しているそうだ。そのほかにもエキストラの数人が、骨折や打撲などのケガを負ったと伝えられている。

マックス・ブルックス著のベストセラー小説を映画化する同作は、ゾンビに支配された近未来の地球を舞台にしたSFサスペンスホラー。ピットは主人公の国連調査員ジェリー・レーンを演じ、「007 慰めの報酬」のマーク・フォースター監督がメガホンをとる。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi