岡田将生、将来的な海外進出に意欲満々 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年8月30日 > 岡田将生、将来的な海外進出に意欲満々
メニュー

岡田将生、将来的な海外進出に意欲満々

2011年8月30日 20:32

イノベーションアワード受賞に笑顔を見せる3人「アントキノイノチ」

イノベーションアワード受賞に笑顔を見せる3人
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第35回モントリオール世界映画祭ワールド・コンペティション部門で、イノベーションアワードを受賞した「アントキノイノチ」の瀬々敬久監督が8月30日、カナダから帰国し、主演の岡田将生榮倉奈々とともに東京・築地の松竹本社で会見した。

同映画祭のワールド・コンペティション部門は、20作品が選出。今作は、出品作品のなかで最も強いインパクトを与え、革新的で質の高い1本に与えられる。2004年には、東陽一監督の「風音」が受賞している。 成田空港から到着したばかりの瀬々監督は、「授賞式の一番最初にイノベーションと言われ『ん? 何だ?』とよくわからずにもらってきました」と笑わせた。さらに、撮影時を振り返り「3月に日本は大変なことがありました。死、生の渦中にいるんだと思って作ったつもり。第3者的に見るのではなく、ど真ん中で生きているんだという気持ちで撮った」という。

映画は、さだまさしの人気小説が原作で、過去の体験で傷を負ったふたりの若者が、遺品整理業という職業を通して“再生”していく姿を描く。岡田は、高校時代のある事件がきっかけで心を閉ざしてしまう永島平という難役を演じきった。受賞の一報は自宅で朝食中に入ったそうで、「ちょっとしたら(原田)泰造さんから『やったな!』と連絡があり、やっと実感がわきました」と話した。

トロフィーを目の当たりにし、「すごく重い」(岡田)、「重みを感じる」(榮倉)と感慨深げだ。瀬々監督は、「ヘヴンズストーリー」がベルリン国際映画祭で2冠に輝くなど国際的な知名度は抜群。19日の公式上映に立ち会った主演のふたりは、今後の海外進出について「年をとっていくうえで、海外の作品にも出られたらいいなと思います」(岡田)、「海外の作品というよりも、海外の映画祭には何度でも行きたいなと思いました」(榮倉)と目を輝かせた。

アントキノイノチ」は、11月19日から全国で公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi