高橋ヨシキとライムスター宇多丸が「冷たい熱帯魚」を生解説! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年8月27日 > 高橋ヨシキとライムスター宇多丸が「冷たい熱帯魚」を生解説!
メニュー

高橋ヨシキとライムスター宇多丸が「冷たい熱帯魚」を生解説!

2011年8月27日 11:46

エンタジャム編集長パッキー小林(左端)と コラムニストのジャンクハンター吉田(右端)も加わり、 大いに盛り上がった生解説イベント「冷たい熱帯魚」

エンタジャム編集長パッキー小林(左端)と
コラムニストのジャンクハンター吉田(右端)も加わり、
大いに盛り上がった生解説イベント
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 園子温監督の問題作「冷たい熱帯魚」のブルーレイ&DVDリリースを記念し8月24日、ニコニコ生放送「エンタジャムチャンネル」(http://ch.nicovideo.jp/channel/ch6991)で、同作の共同脚本を務めた高橋ヨシキと、ヒップホップグループ「ライムスター」のメンバーで映画評論も手掛ける宇多丸による「生解説イベント」が行われた。

「生解説イベント」は、ある映画ソフトを視聴ユーザーと同時に再生しながら、生放送で解説する様子を動画で配信するというもの。オンライン参加型となっており、ユーザーはゲストの面々とリアルタイムのやり取りを動画上で行うことも可能だ。

当日は、本人たちが“エナジードリンク”と呼ぶビールを片手に、白熱トークや脱線が繰り返される爆笑の生解説が展開。公開前から同作を絶賛していた宇多丸は、「ついにあの事件(埼玉愛犬家連続殺人事件)を映画化するのか!? どうなるんだ? と、もともと期待値が高かったが、完成した作品はそれ以上。本当に素晴らしい。特にでんでんさん演じる(猟奇殺人犯の)村田には驚きました」と改めて賛辞を送った。

高橋は、「この作品の大ヒットは、エロやグロという、これまで受け入れられないとされてきたものを、実は多くの人が求めていたということの証明になった。これはすごく大きなこと。こういう作品やホラー映画が、これからどんどんヒットしていくような流れになってくれるといい」とヒットの喜びと今後への期待感を明かした。

冷たい熱帯魚」は、小さな熱帯魚店を営む平凡な男・社本(吹越満)が、大手熱帯魚チェーンを営む地域の実力者・村田(でんでん)と知り合ったことから、連続殺人に巻き込まれていく姿を追った猟奇サスペンス。ブルーレイ&DVDは発売中。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi