篠原涼子、初のベッドシーンに監督が太鼓判 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年8月25日 > 篠原涼子、初のベッドシーンに監督が太鼓判
メニュー

篠原涼子、初のベッドシーンに監督が太鼓判

2011年8月25日 21:05

今年初花火にご満悦「アンフェア the answer」

今年初花火にご満悦
[拡大画像]

[映画.com ニュース]  女優の篠原涼子が8月25日、東京・江東区のららぽーと豊洲で行われた主演作「アンフェア the answer」のプレミアイベントに、共演の佐藤浩市山田孝之香川照之らと出席した。

主演ドラマを映画化した前作「アンフェア the movie」から4年ぶりとなる劇場版第2弾。連続猟奇殺人の容疑をかけられてしまった敏腕刑事・雪平夏見(篠原)は、さらに警察の内部機密が隠されているUSBメモリをめぐって元夫や同僚、上司、検察、凶悪犯罪者らに追われることに。警視庁内部、東京地検を巻き込んだ緊迫の攻防が繰り広げられる。メガホンをとるのは、前作の脚本を手がけた佐藤嗣麻子監督。

今回はゲストキャストの佐藤を相手に、本人初となるベッドシーンに挑んだ篠原。「佐藤さんに迷惑をかけたくなかったので、監督と一緒に練習した」。佐藤監督も「とりあえず脱いでもらって、どんなアングルがいいか話し合った。エロく撮れた自信があります」と胸を張り、雪平の元夫を演じる香川らは色めき立っていた。

一方の佐藤は「本当はラブシーンって大嫌いなんですよ。香川、本当だって」と弁解。それでも男性キャストのブーイングが収まることはなく、「一番アンフェアなのは、僕ってことですかね。こればっかりは致し方ない」と平謝りだった。

撮影を振り返った篠原は「毎日毎日楽しみな現場だった。今日は男性だらけですが(笑)、監督を含めて女性スタッフも多いので違和感なく、幸せな時間を過ごせた」と満足げ。

イベントでは男性キャスト陣と東京湾に浮かぶクルーザーに乗り、イベントのために打ち上げられた花火320発を見物し 「今年初めての花火。おかげで夏を満喫できました。映画も花火に負けないパワーある作品です」とアピールした。

アンフェア the answer」は9月17日から全国で公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi