「マッドメン」の子役がジャニュアリー・ジョーンズを批判 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年8月24日 > 「マッドメン」の子役がジャニュアリー・ジョーンズを批判
メニュー

「マッドメン」の子役がジャニュアリー・ジョーンズを批判

2011年8月24日 16:16

子役に批判されたジョーンズ

子役に批判されたジョーンズ
Photo:ロイター/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米ドラマ「マッドメン」に出演していた子役が、主人公の妻役のジャニュアリー・ジョーンズを批判するコメントを出し、物議を醸している。

現在10歳のジャレッド・ギルモアは、主人公ドンと妻ベティの息子ボビー・ドレイパー役をこれまで4シーズンに渡って演じてきた。米ABCの新ドラマ「ワンス・アポン・ア・タイム(原題)」に抜擢されたことを受けて、「マッドメン」を卒業することになったギルモアは、米TVガイド誌の取材において、後任の子役に助言を求められた。すると、ギルモアは「ジャニュアリーのまわりでは注意したほうがいい」とコメント。「ジャニュアリーは他のキャストと違って近寄り難い。自分のことにやたらとシリアスなんだ。ほかのみんなはとっても親切だけど」

実は、ジャニュアリー・ジョーンズの態度はハリウッドやマスコミのあいだでも芳しくない。「ハングオーバー!」シリーズのコメディアン、ザック・ガリフィアナキスも反感を抱いている1人で、あるパーティーで非礼を受けたという彼は、「ジャニュアリー。きみはテレビ女優に過ぎず、数年後には君のことは誰も覚えていない。だから、ごう慢な態度をやめたらどうだ」とエンターテイメント・ウィークリー誌の取材で答えている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi