パンチ佐藤がホームラン祈願でフルスイング 62球目で快音! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年8月24日 > パンチ佐藤がホームラン祈願でフルスイング 62球目で快音!
メニュー

パンチ佐藤がホームラン祈願でフルスイング 62球目で快音!

2011年8月24日 20:35

ガッツポーズを決めるパンチ佐藤「ホームランが聞こえた夏」

ガッツポーズを決めるパンチ佐藤
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 韓国映画「ホームランが聞こえた夏」の公開記念イベントが8月24日、新宿・歌舞伎町にあるバッティングセンターで開催され、元プロ野球選手のパンチ佐藤とサッカー解説者の松木安太郎が出席。映画の成功を祈願し、パンチがホームランをかっ飛ばした。

実話に基づいて作られた本作。天才的な野球の才能を持ちながら、聴覚を失い挫折した少年が、ろう学校に臨時コーチにやって来たプロ野球選手や仲間との出会いを経て、全国大会での1勝を目指して奮闘する。

自前のバットと手袋を持って登場したパンチは「僕は現役時代、ホームランバッターではなかったけど、チャンスに何とかするバッターだったからプロになれた今日も行きます!」と気合十分。報道番組での共演をきっかけにパンチとは20年来の親交がある松木は「現役の頃からパンチさんを知ってるけど、渋いバッティングを見せてくれた。映画のヒットは分かってますが、パンチさんの手で“ホームラン”にしてください!」と熱い激励の言葉をかけた。

パンチは現役時代を彷彿とさせる集中した顔つきでバッターボックスへ。ホームランと認定されるのはあくまで中央のおよそ50センチ四方ほどのプレートに打球が当たった場合のみ。当初はバッティングセンター特有のクセのあるボールに苦しんでいたが、徐々に快音を響かせ始める。松木の熱い声援を背にフルスイングを続け62球目、鋭くはじき返された打球はプレートを直撃! パンチは汗だくの顔をほころばせた。

見事なホームランで映画の公開に花を添えたパンチは「46歳、いい汗かきました」と晴れ晴れ。「長嶋茂雄さんがおっしゃったとおり、野球とは人生そのもの。忘れていたものを思い出しました」と満足そうにうなずいた。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi